家を買った、引っ越しも決まった、凶方位だから引っ越したらダメだと言われた

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位だから引っ越したらダメと言われて「はい、そうですね」と言える方が怖いです。

凶方位の相談のメインは「すでに予定は決まっている」ご相談です。
要するに予定を変えられないことが前提です。
大抵はよそで鑑定を受けてきて「なんとかなりませんか?」って話になります。
この相談で大事なことは「占いしか見えていない可能性あり」という点です。
占いで凶方位で不幸になるから「不幸にならないようにして欲しい」みたいな感じです。

不幸になるかどうかは、不幸を引き寄せるかどうかに掛かっています

凶方位で運気が下がるから不幸になる、トラブルに巻き込まれる、問題が起きる、という思考になりやすいです。
方位の影響というのは、自分の選択の目安の一つです。
つまり、その選択が自分にとって良いのか悪いのかということ。
目安というのは他にもたくさんあります。
家を買った場合は「その場所にある、その家を、今買うと良い」という何かの目安があって、その上で購入を決めたはずです。
引っ越しにしたって「その場所に、その時期に、今、引っ越しをする」という何かの目安があって引っ越しを決めたと思います。

これらも占いと同じように「一つの目安」です

何を言いたいのか。
凶方位が教えてくれるのは「参考にした目安をすべて総ざらいした方が良いよ」ってことです。
ここを間違いやすいです。
ついつい、凶方位の影響ばかりに目が行くのですが、そこに目が行っているうちは根本的な対処が遅れます。
熱が出ているのに解熱剤ばかり飲んで、熱が出ている原因そのものを見ようとしない状態です。
収まってくれれば良いですが、大病のもとかもしれないです。

大切な事は「出てきたシグナル(凶方位など)をどう理解するか」です

実際、家を買いましたって言ってるのに、その家はダメって言われても困りますし、引っ越しも決まったって言ってるのにそれはダメっていわれても困ります。
「決める前」なら選択の余地があることしても、「決めた後」に現状を知る新たな情報が入ってきた、それを重視します。
つまり、予定を無理に変えるのでは無く、「これから先のことを想定し問題を掘り起こす」ということをやります。
いろいろなケースがありますが、この手順で浮き彫りになること、おろそかにしていること、甘く考えていることがはっきりしやすいです。
凶方位を選ぶときには、問題になりそうなことをスルーしている事が多いです。
それが後でめっちゃ足を引っ張ります。

それで「凶方位はやっぱり怖い」っていうのはおかしい

そうじゃないんです。
運気が下がることで、今まで抑えていたトラブルの根っこが暴れ出すわけです。
暴れ出す前に問題が無いかを再度チェックし、考えないようにしていた点、見ないようにしている点などをはっきりさせ、対処します。
占いは見えない世界ですが、これらの話は現実の世界で、全部見える世界です。
見える世界をおろそかにしないことで、見えない世界の流れも変わります。
凶方位だからだめなのではなく、ダメならダメでどうやって挽回をしていくかがメインになります。

自分が決めたことにとらわれるのでは無く、そこから再出発すれば良いだけです

見えない世界の事ばかり気になると、ここが難しいです。
今までは知らないでも出来ていたのに、急に出来なくなる。
変更出来ることなら良いけれど、そうじゃないことに心が奪われて、夫婦げんかや家族喧嘩に発展してしまう方が問題です(実際にかなり多い)。
その状態を占い師が見たら「ほらやっぱり凶方位の影響が出た」なんて言うかもしれません。
でも、大切な事は凶方位の影響の部分ではなく、喧嘩には原因があり、その原因になっているのが凶方位に縛られてしまっているところです。
凶方位に影響がないということを言いたいのでは無く、凶方位にとらわれてがたがたになったら損だよって話です。
だからこそ、凶方位の先にあるものに目を向け、対処していきます。
これまで方位の事を知らないで出来ていたことを、これからは方位の事を知った上でコントロールするということです。
それが出来るようになるために占い師の内田さんは占いをやってます。