子供の運気を上げたいなら親の運気を大切にする

子育て・人生占い

ご家族で方位は難易度が高いです。

こういう場合、どうするかっていうお話を今日はしたいと思います。

よくあるのは、家長を中心に方位を見るっていうケースです。

これなら一人ですから楽ですよね。

でも、方位の影響は引越をする人全員に影響を与えます。

ということは、家長を中心にするだけでは足りません。

では、なんで家長を中心に見るのかというと「家を支えているのが家長だから」ということです。

屋台骨がぐらつくと家人が辛くなる

ただし、家長というのはだれ?って事になるのですが、私は収入の中心者としています。

要するにお給料を貰ってきている人です。

更に厳密に言えば、生活費に当てているお給料を貰っている人です。

このため単純に旦那さんが家長っていうわけじゃないので、お気をつけ下さい。

しかし、ここも難しくて、奥さんがお給料を生活費に当てていても、その選択や権限を旦那さんが中心に決めているなら、事は容易ではありません。

まあ、しかし、とりあえず収入の中心になる人を基準にします。

収入の中心者を基準にするのは最後の手段

私の場合は最低でもご夫婦の運気を中心にします。

ご夫婦の運気が良ければ、外と中の運気が維持できるからなんですね。

そしてまずやらないのが、子供の運気を「優先」するってことです。

普通の親御さんはまず子供の運気を・・・と言われます。

しかし、私はそれに反対します。

先ほどからいろいろとお話していますが、要は家を支える、家庭を支える人を中心に見ていくことで、家全体の運を出来るだけ下げないことを意識しています。

子供を意識しすぎて親の運気が下がるリスク

すると、必然的に子供の運気で親の運気を支えることになりますが、無理です。

結果として、ご家族全員の運気が大きく下がってしまいます。

子の幸せを願うことが、単純に子の運を上げれば良い、というものではない、という一つの基準となります。

引越というのはいろいろと考えることも多いと思いますが、凶方位でどうしたら良いか迷った時は、一つの基準にしてみてください。