嫌な人でも運がよいのはなぜ?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

どうやったらやれるかを考えると運が開きます。

人間関係で悩むことが多い人がいらっしゃいます。

これは受け止め方の問題となることが多いです。

大切な事は、嫌な人には関わらないことです。

どっちも嫌な思いをするってことは、そこにメリットは無いです。

存在自体が嫌だってことも、まああります(笑)

こういう時に気になるのが、そういう人に限って何だか運が良さそうに見えるってことなんですね。

あんなやつなのにどうして良いことばかり起きるんだ!!!ってな感じです

単純にこれだけで判断は出来ませんが、運は常にバランスを重視します。

運気バランスから判断しますと、ちゃんと帳尻があっています。

周りから嫌われて運を下げているから、他のところで上がってるんです。

よく言うじゃないですか、人は「全部悪い人なんていない」って。

まさにこれです。

あなたにとって嫌な人、周りにとって嫌な人であっても、どこか違う場面では違う表情を持っています。

どんなに仕事が出来なかろうが、嫌味な人だろうと、どこかで違う顔を持っている

ただし、ここで勘違いしては行けないのが、じゃあ、何をしても同じなの?っていう捉え方です。

嫌な人なのにという人は全体的に運が悪いですが、実は「よく見えるようなこと」も「その人の足を引っ張るような良さ」というケースが多いです。

仮に嫌な人なのに宝くじに当たったとします。

普通にみれば運がよいです。

本当でしょうか。

周りに迷惑を掛けている人というのは、その宝くじに当たること自体が実は運が悪い可能性があります。

人はどうしても一面でしか物事を捉えられない場合があります。

仮に100万円あたったとして、そのお金を頭金にして車を買って、その車が事故って病院送りになったとしたらどうですか?

仮定の話は現実的ではありませんが、可能性があります。

宝くじが当たるというのは運がよい、でも本当はとんでもない貧乏くじを引いているのかもしれないのです。

人から嫌われて運がよいっていうのは運気という性質から考えて、どこかで帳尻合わせがあります。

人から嫌われても運が良いという人は、余程、どこかで徳を積んでいるか、見えない負債を抱えている状態です。

極端な人はそんなにいないかもしれませんが、仮にあなたにとって嫌いな人が居た場合、誰もが嫌う人なのか、あなただけあるいは少数にしか嫌われていないという場合では違います。

誰もが嫌うような人は運気全体がかなり下がっているので近づかない

あなただけが嫌っているような人は、あなたとの相性が合いにくいだけですから、こっちも近づかないことです。

そして、相手にしない。

運気が下がっている人に近づくのも、相性が合わない人に近づくのも良いことはありません。

唯一違うのは、仕事上の上司と部下、あるいは同僚というケースです。

こういう場合近づかないってことが出来ません。

それならば、逆にとことん近づいて、相手をよく理解しようとすることです。

相手が求めていることを察知し、あなたができる事をしていくことです

人は自分に良くしてくれる人に好意を抱きやすくなります。

もちろん合う合わないはあります。

それでも理解しようとする相手には、壁が低くなりやすいです。

運がよい状態なのに合わない人が近くにいる場合、それはあなたが乗り越えるべき課題であることが多いです。

運がよいという状態は、人生そのものをより楽しくしてくれる、より充実したものにしてくれる、そういう流れを作ってくれます。

しかし、その流れに乗るためにはあなた自身の資質も求められます。

今後、より良い人生を歩むために「今」課題を与えてくれている可能性が高い場合がある

普通に社会生活が送れる人ならば、そこまで極端な人間性を持つ人は少ないです。

それならばどこかに入っていける隙間があります。

そこまでするの?って言われたら、そこまでした方が良いです。

だって、その課題を超えた先にある人生がすっごく楽しそうじゃないですか。

しかも、自分自身の経験値の上積みにもなります。

こういう機会を如何にして上手にクリアしていくか、ゲーム感覚でやってみればよいのです。

クリアするためにいろいろと武器を手に入れて、チャレンジしてみると見えてくることがあるかもです。