大凶方位を使えば成長出来る?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

九星気学・方位学を知る人で「大凶方位にあえていき大きな成長を望む」というのはやらないです。

大凶方位は望んでいくものではなく、そうでなくとも油断すると人は大凶方位に行きやすいです。
理由は様々ありますが、安易な決断、思いつきでまともな方位に行くのはまれです。
逆に、長い時間をかけてこつこつと考えて決めたことというのは、意外と大凶方位は少ないケースが多いです。
冷静に準備よく、きちんと考えているからこそ必然的に嫌な方位を選ばないのだろうと思います。

たまにいらっしゃるのが、あえて大凶方位に行って気合を入れたいんだけどという相談です

大凶方位をただの試練の方位を思っていらっしゃるとこんなことを思いつくのでしょうか。
方位のことを知らないでいろんな方位の行く、その中で大凶方位もある、というのは普通のことですし、生きていく中では自然の流れです。
こういう中での行動というのは、その方の行き方、人生ですので必要な行動となります。
ところが、「大凶方位でがんばれば能力が磨かれる」と思う人は危険です。
大凶方位というのは、人生全般に影響しやすいです。
これは、運が人生に影響を与えるために、特定部分だけ影響を受けるという感じではないからです。

たとえば、そうですね~、出版の分野といえば西の方位になります

出版の世界で成功したいから、あえて西の大凶方位に行く。
普通の人だったら思いつかない発想です。
こういうやり方で方位を使う人は、そのうち自滅するのではないかなって思います。
あえて嫌な思いをする、苦労は買って出るというのは生き方としてはあります。
もしかすると、ダメだったら吉方位に行けば良いなんて思ってるのかもしれませんが、蓄積された運というのは様々影響を及ぼすので、そう簡単ではないでしょう。

苦労をしたい、嫌な思いでもやれる、と思うなら吉方位で根性を入れてやることを私はお勧めします。

吉方位であっても、いくらでも努力は出来ます。
良い方位で努力をすることは未来に繋がりやすいですが、好んで選んだ凶方位で努力をすることは無駄になりやすいです。
それは望んでいる事とは違うと思います。
一緒に読んでみてください:「大凶方位の影響というのは困難が待ち構えている!?」