大凶方位だからと進学・就職を諦めない

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

大凶方位や運勢が悪いと分かったときが大事です。

大凶方位のとらえ方を間違えると、ストレスが逆に大きくなりやすいので要注意というお話が今回のテーマです。

大凶方位は不運を呼ぶ方位です。

だからみんな怖い。

方位が関連することは、その善し悪しについて方位の吉凶で見ていくことが出来ます。

ただし、その吉凶の度合いがどの程度のものかというのは非常に難しいです。

目安はありますが、同じ凶方位でも人・状況・環境によって、方位から受ける影響に違いが出てきます。

ある程度線引きは出来ますが、最終的にその人がどのように感じているかで決まってきます。

だからこそ、大凶方位だからといって、進学や進路、転職や就職を諦めるのは勿体ないです。

お節介の「それは凶方位」の助言は無視が良い

実際によくある話で他人がお節介で「方位が悪い」と言ってくることがあります。

それ以外にも、占い師にもある話ですが「悪いから諦めた方が良い」というだけですと救いがありません。

占いはダメなことに対して「そこをどう判断するか」が勝負になります。

もちろん、これは状況によります。

私は基本的に大凶方位は避けた方が良い、運が下がるときには無理はしない方が良いという立場です。

不運が来るとか、不幸が起こるとかは当てにならないですが、それ(大凶)を選ぼうとしているところに意味があるかもしれません。

選んだら大凶だった。

大凶方位を選んだタイミングがポイントになる

他の選択の余地はないのか、それしかないのか、それ以外がなぜないのか、そういったところまで占いでは掘り起こしていきます。

細かいところを明らかにしていくと、気になっていたことなどが浮き彫りになります。

たとえ凶方位という悪路であっても、無茶や無理をしなければ安全に穏やかに行けるかも知れません。

でも、何も考えずに突き進むと大けがをするかも知れません。

そうならないために占いを活用します。

大凶だからとか、運勢が悪いからというだけではなく、もう一歩踏み込んで整理し、その上で判断するという手もあります。

人は不思議なもので状況が整理出来ると悪い流れにあっても良い流れを引き寄せる事が出来る事が多いです。

だからこそ、目の前の事だけで判断してしまわないこと。

チャンスはその先に待ってくれていることも多いです。