吉方位旅行の毒だしの影響期間とは

九星気学占いと方位

吉方位で良いはずなのにうまく行かない理由があります。

吉方位旅行をした場合に気になる事が出てくる場合があります。

それは「せっかく吉方位旅行をしたのに、その後に立て続けに大変な事ばかり起きる」というものです。

この現象を占い師によっては「毒だし」って言います。

それまでの凶方位の影響を吉に切り替えるための荒療治・・・みたいなものです。

出る人もいれば出ない人もいます。

私はそもそも「毒出しはない」という立場の占い師です。

しかし、毒出しについて不安に感じている人も多いので、「毒出しはない」という立場ではなく、そもそも「毒だし」はどれくらい続くのか、と言うことについてお話をします。(矛盾してるけど(笑))

この毒だしの大きさというのは過去からの凶方位の積み重ねによってその大きさが決まると言えます。

凶方位の影響というのは、そもそも「その人に負担を掛ける」影響のことです。

本人は良いと思っていても、実はそれが後々になって大変な事に繋がる導線になっているわけです。

たとえば、昔、日焼けサロンがはやりましたよね? 今はどうか知りませんが、10代の人もたくさんやっていたそうです。

その時は良かったと思います。

しかし、人生は長い。

40代、50代になっていくときに、本当は一番肌が気になる年に、取り返しが付かない肌の状態になる可能性が高いです。

今はそういうことがよく分かってきていますよね。

良かれと思ってやっていたことが結果としては良くなかった。

まさに凶方位の特徴みたいなお話です。

ただし、毒出しの大きさと期間は一致しません。

思い切って吉方位に行くことによって、大抵、期間としては数ヶ月ぐらいでまとめて出ます。

でも、毒だしっていう言葉を使っていますが、これは必要なことです。

毒出しでもなんでもない。

無理が出ている状態が毒だし

このまま積み重なっていけば、更に負担が大きくなり、さらに問題が大きくなる、そういう流れがあるからこそ「今」表面化してくれているんです。

それを毒出しっていうからおかしくなるんです。

毒だしっていえば、いつかはなくなるって思うでしょ?

そうじゃなくて、これは「早期に対処すべきこと」なんです。

それを取り違える人があまりにも多い。

吉方位旅行後に明らかになったこと、あるいは変化したことなどは、即対処が必要なことです。

もう、それこそ迅速に今すぐにです。

特にトラブルならば一刻を争うほどです。

それは「今」でなければ、あとあと超大変になるからです。

それを教えてくれていることに気づけるかどうか。

「どうして、こんな事ばかり起こるんだろ~」じゃないのです。

それが今まで積み重ねてきたトラブルの根っこなのですから、いち早く対処し流れを変えていくことが大切です。

そして、これも抜けがちなのですが、その対処の先に良い流れがあるんです。

対処しなければ良い流れを引き寄せる事自体が出来ません。

毒だしって呼ばれるのは何年もかかる物ではなく、それは何年も起きている現象を「放置」している、あるいは十分な対処がされていない、ということを表しています。

もし、吉方位旅行後にそういう状況に困っているならば、困っていることをやり過ごそうとするのではなく、今すぐ対処することが最も重要になります。

その時に、あなたの生き方に沿った対処が出来れば、迷い少なく物事を判断できます。

あなたにあった生き方ですか? それはご相談ください(笑)

まあ、吉方位旅行で取った方位を考慮して行動することも重要なんですけどね。

それは個別ケースなのでお話のしようがないですが・・・。