吉方位・凶方位の影響は本当にあるの?

九星気学占いと方位

方位の影響があるの?無いの?
吉方位や凶方位が気になる人は「どんな影響があるの?」ということに、期待をしますし不安を感じます。
他の占い師さんは分かりませんが、私はもう随分前から方位鑑定の軸を「方位の影響があるのかないのか」に特化してきています。
理屈上、方位の影響は「誰にでもある」という仮説がありますが、実際には「実感のある人と無い人」に分かれます。
参考:「方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない」
誰にでも影響があると仮定できるけど、誰もが方位の影響を実感しているわけではないということです。
実感が出来る人には方位鑑定は良い目安に出来ます。

占いは実感があるかどうかで対処が変わる

吉方位でも凶方位でも、方位の影響が気になる人で実感がない人は気にしなくて良いです。
実感が出来ないのですから、むやみに期待する、不安になるだけしんどいです。
これは信じる信じないの世界とは関係無いです。
実感の有無ですので、人によって違います。
占いは曖昧さを可能な限り少なくし、現実的な結果を引き出すことが重要です。
現実がない、現実が浮かんでこない占いは、占い師の自己満足でしか無いと思っているぐらいです。

だからこそ、実感が無いなら、気にしなくて大丈夫だよとお伝えしてきています。

気にしなくて良いと言われても気になる人もいる

特に凶方位の場合はネットのなかで怖いことばかり書いてあることもあり「本当に大丈夫なの?」と心配性になってしまう人もいます。
※凶方位の本当のところは「凶方位は絶対だめなの?大丈夫な時とダメな時」をご覧ください。
でも、これまでも凶方位なんて気にせず凶方位に行ってたはずなんです。
占いで理屈を押しつけるのは簡単です。
吉方位に期待する、凶方位が不安、そういう人が相談してくるわけですから。
でも、相談を受ける占い師側に重要なのは「この人にこの占いは意味があるかどうかを見極める」です。

実感の有無で対処の仕方も変わる

鑑定をしていくなかで、この人は方位の影響をそこまで実感していないと分かれば、少なくとも方位の事で悩まなくて良いです。

気になるなら頭の片隅に置いておき、何かあったときに対処をする程度で良いです。
頭の片隅においておけば、変化に気づきやすいメリットもあります。
一方で「影響がある」となれば、方位を行動や判断の目安に出来るのですから、吉方位はもちろんですが、凶方位であっても大丈夫です。

方位の影響があると分かれば、方位で対処が出来るからです。

現状を知ることが自分を守ってくれる

一番厄介なのは「あるのかないのか分からない」です。
方位の影響の有無が分からないと対処のしようがないです。
ここをきちんと確認していないのに、方位の影響を怖がったり、あるいは方位の影響に期待するとなると、結果も付いてきません。
理屈と現実は違う、それが分かっているだけでも無闇に不安にならなくて済みます。
【ここで取りあげたリンク】
「方位の影響がないなら凶方位は大丈夫!でも、吉方位も意味ない」
「凶方位は絶対だめなの?大丈夫な時とダメな時」