吉方位や凶方位が暗示していること

九星気学占いと方位

吉方位だから良い、凶方位だから悪いとはならないといつもお話をしています。
良いように見えても悪いこともあれば、悪いように見えても良い事に繋がることも多いからです。
ただ、人情として、良い方位を取りたい、良い流れをつかみたいというのがあるので、吉方位にこだわるようになります。
でも、こだわるのはそこじゃ無いです。
よく方位なんて関係無い、占いなんて関係無いという有名人がいます。
この言葉には現されていない表現があります。

それは「でも、運は関係無い」とは言っていないということです

「運」は大事だと思う人が多いですが、その表現方法として占いを使うか使わないかです。
その結果、方位がどうのこうのとか、占いがどうのこうのというのは、どうでもよいというお話に行き着くと。
私自身、占いは望んでいる状態へ近づくための手段の一つとお話をしています。
その「望んでいる事」というのが、その人にとってどうなのか?というところから検証をするのが占いです。
好きな事を好きなようにすることでうまくいくなら、わざわざこんなブログにたどり着くわけが無いですし。

調子が良いときは望んでいる事が自分に合っています

だから、最終的にうまくいきやすいです。
調子の悪いときは望んでいる事自体が自分に合っていないのに「合っていると思ってしまう」からうまくいかない。
占いを活用する人は、調子の良いとき悪いときの感覚に出来るだけ左右されず、良い状態を維持したいというのがあります。
私などもそういう意識が強いです。
究極、吉方位でも凶方位でも運気が良くても悪くてもどうでもよくて、現実が出来るだけ悪くならず、出来れば良い方に快適にっていうのを望んでいます。
そのために吉方位を活用した方が良いならそうするし、家相が良い方が良いならそうするっていうだけのことです。

そういう意識で占いを受けると、かなり冷静に現状を受け止めます

良い流れになるならそれで良いですが、悪い流れに向かっているなら「どこに改善ポイントがあるか?」という意識に繋がります。
いきなり急激に悪くなることは少なくて、そこに至るまでに時間が掛かっています。
方位についても吉方位なのか凶方位なのかで、「方位の影響」ではなく「今後の人生の選択の可否」が見えてきます。
ここでどの程度微調整出来るかです。
占いはきっかけの可否を見極める事を得意としています。

その占いの結果の受け止め方、あるいは今後の修正の仕方で未来が変わります

なんというか占いは、運は目に見えないけど、運がありそうなところに向かって行くための地図を与えてくれる感じです。
感覚や経験に加えて、違う視点を取り入れることで、現状から抜け出していく、あるいは現状を更に良くしていくやり方です。
吉方位で良かった、凶方位で悪かったと方位だけを見ていると、大事なところが抜けちゃうかもしれません。