吉方位で運気も良くて、それでも起こる嫌なことの意味

吉方位旅行・引っ越しの効果と影響

嫌なことは嫌なのですが、だからこそ大事なことがあります。

吉方位旅行をしたり、吉方位に引っ越したり、あるいは運勢やタイミングに合わせて行動したり決断したり、そうする理由は嫌なことを避けて、良いことを引き寄せたいためです。
少なくとも私ならそうです。
だけど嫌なことが起こったときに「なんで?」ってなります。
私は運を意識して行動したり、決断したり、判断している場合は「起こる出来事、起きない出来事」に注意を向けてくださいって相談者に言います。
良いことならスムーズに受け入れられますが、嫌なことの場合は困惑してしまいます。
基本的に良い運気の状態で嫌なことが起こる場合、自分に合っていないか、時期尚早か、あるいはもう一押しなのか、というケースが多いです。

占いの危ういところは「運が良いはずだから、この嫌な想いは変わっていくはずだ」と思い込んでしまいやすいことです

これは全くの逆で、運が良い状態で嫌だと感じてるんだから、その想いからは離れた方が良いです。
運の良さに固執するのでは無く、感じている事に素直に反応します。
そうすると、目の前の事に対して冷静になることが出来ます。
自分にとって今やっていることが良いのかどうなのか。
このほか、良い運気の中にあるはずなのに、舞い込んでくるきっかけが凶方位とか運勢の悪いタイミングになることがあります。
これは2つの見方が出来て、今やっていること(望んでいる事)が合っていないことの暗示、もう一つは、きっかけとなったことが足をひっぱりやすい警告、という見方です。
どっちの目安になるかは、その時の自分の状況を照らし合わせれば分かる事も多いことから、きっかけが自分にとってどうなのかでも判断出来ます。

良い状態にあるからこそ、今の嫌な状態が「自分にとってどんな価値を持つのか」という分析が必要になります

私が占いをするときに細かいことをお聞きするのは、この部分を明らかにするためです。
その人にとって嫌なことでも必要なこともあれば、その感覚の通り嫌なことだからすぐに離れた方が良いこともあります。
それを自分で判断出来れば話が早いのですが、自分で判断できないこともあるので私の仕事が存在します。
より良い状態を手に入れていくために、良い状態で起こることに対してその都度対処していく、それが良いことでも嫌なことでも放置をしない方が良いです。
「起きている」ということは、「持っている運気が現実化している」ということです。
だから、すぐにどうしたら良いかを考え、判断していった方が良いです。

大事なことはこの先にあります

良い状態を自分で作っているわけですから、何か起きたときにすぐに対処をすればより良い方向に物事が進んでいくのが普通です。
これがそんな風にはならず、話がこじれたり、もっと嫌な状態になった場合は、やっていること、関わっていること自体が間違っていることを教えてくれています。
これは自分にとってどうなんだろうって難しいことを考えなくても、良いものは良い、ダメなものはダメって事です。
良いものは良いですが、ダメなものについては方向転換が必要になります。
こういうときは固執しないのが一番です。
占いの厄介な一面として「良い状態のはず」「大丈夫なはず」と、変な思い込みをさせてしまう点です。
思っている状態と現状が違うなら、まずは現状をよく見ることです。
目の前の事から目をそらさないことで、舞い込んでくるチャンスもあります。
そのチャンスを望んでいるから吉方位を活用しているようなモノです。