受験に勝つ合格率を上げるための占いの活用法

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

受験に合格できるかどうかは本人の努力が99%です。

残り1%を占いで運気を上げていき追い風を吹かせていきます

受験で合格を手にするために出来る事は

・勉強
・勉強を後押しする運気

この二つになります。

勉強も勉強を後押しする運気も相互に関連しています。

勉強の細かい話はここでは触れませんが、勉強を後押しする運気とは、環境であり、子供に合った目標設定だったりします。

運気の良い場所で勉強する(家相・風水)

吉方位旅行などで運気を上げるという手もありますが、受験の場合は「運気の良い場所で勉強をする」という方が理にかなっています。

運気の良い場所は家相・風水の世界です。

どんな家でも運気的に良い場所・悪い場所があります。

受験勉強をする上で良い場所を意識的に活用します。

でも、それだけでは足りません。

子供に合った勉強の出来る体制を整える

いくら運気の良い場所でも、本人が勉強の出来る体制が出来ていないと続かないです。

勉強の出来る体制とは、勉強の仕方かもしれませんし、勉強の理解度に合わせて教えてくれる人がいるかどうかなのかもしれません。

これはお子さんによって違います。

運気が高まると勉強の意欲も高まるのですが、その意欲が空回りしてしまうと勉強が手に付かないです。

そのため子供の興味や資質に合わせた勉強の環境を整えることが重要になります。

これらは勉強をやる上での環境作りになります。

相性の良い学校の受験を優先する

勉強が必要な時は勉強をする、では、後何が出来るかといいますと志望校選びです。

試験日が吉方位になるようにする運気アップもありますが、その学校の校風が合っているのか、目指している学部がお子さんに合っているのかの方が重要です。

自由な校風の方が充実した生き方をするのに、がちがちの規則ずくめの学校を選んでしまうとしんどいです。

子供に合わせた志望校になっているかどうかは学業に大きく影響を与えてきます。

相性の良い受験校に向けて重点的に勉強をしていくことで、合格率を上げていきます。

こういう感じで占いを使うと、実力を上げる以外にも打てる手があります。

必ずやった方が良いということではなく、他に何か出来ないだろうかと可能性を模索する時に有効な方法になります。