厄年・天中殺・空亡・大殺界が不安な時

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

運勢が良くない年は不幸な年、ということではないです。

方位学的に五黄土星中宮の年は節目の年と言われます。

この年に何か新しいことなどは出来るだけ避けたほうが良い・・・、そういう年と言われます。

また、年の巡りで大殺界や天中殺、空亡に厄年と、いろいろとあります。

世間的にこの年の巡りの理解を勘違いしている人が多いので、基本的なこれらの時期の捉え方をお話します。

基本的にこれらの時期は「不幸になる時期」ではありません。

言葉がきついのでなんともかんともという感じですが、誰にでも訪れる時期に「不幸の時期」なんて無いです(笑)

西洋占星術などでは土星が入るハウスは苦難の時期だ・・・とかも言われますけどね。

でも、実際には違うんです。

不幸の時期ではなくて、これらの大殺界や天中殺、空亡や厄年っていうのは、大きな意味では「節目の時期」ってことです。

それまでのあなたのやってきたことが「結果となる年であり期間」なわけです。

もし気をつける必要があるとすれば、「無理をしてきている人」か「適当に過ごしている人」はこのタイミングの時に、すごく注意した方が良いです。

厄年などはまさにそれなのですが、飛躍するのか背負った厄を精算するのか、それがこういった時期にはっきり出やすいです。

全ての運勢の変わり目は定期的にやってくる

天中殺や空亡、大殺界も一定の期間で時期を迎えます。

おかしいでしょ?一定の期間で不幸になるなんて。

そうじゃなくて、一定の期間で物事の結果が出る、という考え方なんです。

そして、それは一定のリズムで計算されているからこそ、当たりやすいわけですが、だからといって不幸になるわけじゃないです。

大切なのはそれまでに何を積み上げてきたかってことです。

天中殺の年だから引っ越ししないじゃなくて、前後関係から考えてどうなのかっていうのを普通よりも冷静に判断すれば良いのです。

一方でそれまでに頑張ってきていれば、丁度移転するには抜群のタイミングのはずでもあります。

私が方位学や占星術などで「今年は厳しい年ですからね~」なんて鑑定しないのにもこれが理由です。

確かに何もしなければ運の基本的な流れってあります。

でも、何かをしているならば、何かをしている流れも同様にあります。

そういうのを見極めるために「節目の年」を私は活用します。

動く年か力を蓄える年か、それともここで一気にペースダウンをする年なのか。

意外と自分自身でも身に覚えのあるところが出てきます。

闇雲に大殺界だとか天中殺とか空亡とか厄年とか捉えるのではなく、過去を見てどうなのか。

きちんと理解すればあなたの人生はすごく変わります。

なんでもかんでも危ない年だからじゃ、勿体無いですよ。