出会いが無い人・出会いがある人、出会うために必要なこと

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

出会いの無い人・ある人の違いはこれです。

出会いの無い人は日常に変化がありません。

ずっと同じ環境が何年も続いています。

合コンやお見合いに行っていても同じです。

毎回、似たような合コンに参加していたり、似たようなお見合いをしていたりです。

出会いを探しているはずなのに日常なのです。

出会いは「非日常」と「日常」から生まれる

日常から生まれる出会いを作ることが出来る人は、自分から動ける人です。

「ご飯食べに行きませんか?」「ちょっとスタバでも行きませんか?」という感じで、声を掛けてチャンスを作ります(ナンパじゃないよ)。

日常に見えますが、非日常を自分で作っています。

また、日常から生まれる出会いが大事な人と非日常から生まれる出会いが大事な人がいます。

私の鑑定では日常から生まれる出会いが大事な人の方が多いです。

でも、そういう人はなかなか日常から出会いが生まれません。

日常から非日常を作ることは難しい

日常から生まれる出会いが大事な人というのは、相手のことが分からないとうまく相手を受け入れられない人に多いです。

極論、幼なじみが一番良い人です。

こういう人は非日常を待つことはあっても、自分から作ることが出来ないので「出会いが無い」という話になってしまいます。

出会いは常に非日常から生まれてます。

よく「私に関心を持ってくれる人は私の好みじゃ無いんです」って言う人がいるのですが、その逆も同じです。

私が関心を持つ相手からすると、私は好みじゃ無いです。

これは相手と自分との力関係みたいなものです。

自分が良いと思う人は自分よりも上回っている人です。

自分がそうでも無いと思う人が実は自分と同等です。

良くある話です。

これは相手のことをよく知らないため、感覚で判断している状態です。

日常を通して必要な姿が見えてくる

相手のいろいろな面を知ることで、「実は結構良い人なのかも」という感覚が出てくるチャンスです。

私はお客様に「とにかく出会いの前に人付き合いを最優先」というのですが、これが理由です。

人付き合いの中で相手を知り、自分を知って貰うことが出来ると、出会いは勝手に生まれます。

しかし、それでも日常しか無い人に出会いのご縁はほとんど無いです。

日常は変化が無いため、あなたの感情も動きにくいです。

人は興奮しているときに気持ちが揺らぐ

気持ちが揺らいでいるときに出会いが生まれます。

興奮は非日常にあります。

じゃあ、非日常はどうやって作るか。

あなた自身が非日常に飛び出していくことです。

一番簡単なことは、普段と違う事を始め、普段と違う人と出会っていくことです。

占いなんてやったことが無いっていう人は占いをやってみれば良いです。

自分の新たな行動の指針が見えてきます。

運動なんてしたことが無いっていうなら、手近なところから始めて見ると良いです。

人によっては副業をやるのも良いです。

今ならサービス業の人手不足は深刻ですので、ダブルワークしやすいです。

日常に非日常を取り入れるために「今」をつかう

いつでも出来るのでは無く、どうにかしたいと思う今以外にチャンスはありません。

「やっぱり今のままで良いかな」と感じ始めると非日常を作るだけの力が出なくなるからです。

出会いがある人はそれを分かっているから、動きを止めません。

出会いが無い人は「そのうちに」と思っているからいつまで経っても運が巡ってこないです。

今日は満月、気づいていないかもしれませんがちょっと興奮状態にあるんです。

これも一つのタイミングです。