凶方位は行かない方が良いけれど、行く必要が出てくることもある

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

最近、私は凶方位の引っ越しや旅行について、「大丈夫」と見極めるケースが増えてきました。
今回は、このことについて触れていきます。
当たり前なのですが、もし私自身が選択をするならば、まず凶方位は選びませんし、凶方位と分かったら止めます。
これが大前提だと思ってください。
引っ越しをしようとするときに、行きたい場所が凶方位になりそうならば、引っ越し自体を取りやめます。
また、旅行についても同様です。

凶方位はどういう種類のものであれ、何らかの形で自分が望まない流れを呼び込むからです。
だからこそ、行きたいから行く、という選択肢は無いです。
ただし、ここからが本番です。
私は「選択の余地がある場合」は凶方位を絶対に選びませんが、「選択の余地が無い場合」はケースによります。
これが大事です。
鑑定のご依頼がある場合というのは様々なケースがあります。
既に引っ越し日まで確定している方もいれば、そもそもどこに引っ越しをするかも決めていない方もいます。

どこに引っ越しをするか、あるいは旅行をするか決めていない場合、決めていても予定を変えることが出来る場合は、凶方位を避けるのが基本です。
ところが、既に「引っ越しをする以外にない場合」は別です。
ただ、ここにも2つの運命があります。
既に確定して後は引っ越すだけ、という状況でも「やっぱり止めます」という方がいらっしゃいます。
転勤など以外ならば、こういう選択もとることが出来るかも知れません。
極端なように見えても、「やっぱり止めます」という方がお勧めです。

既に決まっている運命を強引に路線変更するのですから、お金は掛かるしいろいろと大変ですが、出来る人は出来ます。
一方で、いろいろと思い入れがあってどうしても・・・という場合もあります。
そういう場合は、その人の現状と引っ越しの状況を見極める作業になります。
そして、この見極めの作業で「どうしてもならOKかな」という判断になるのは、現状が良い場合です。

こういうケースは方位に吉と凶が混在している時に起きやすいです。
吉と凶が混在しているということは、良い事と悪い事が起きやすいということです。
それならば、良い方を明確に引き出していくことで、チャンスを引き寄せていく、ということも可能です。
引っ越しでも旅行でもそうなのですが、凶方位が出てくるということは何か違うんです。

しかし、それだけで判断してしまうと、大切な事を見落としてしまう可能性があります。
そのために必要な事は、常に「今はどうなのか」ということを整理することです。
その状況と引っ越しや旅行の方位の状況を見比べてみると、自然と選択して良いのかダメなのかが見えてきます。
あ、でも、普通は難しいので、だから私のような仕事があります(笑)