凶方位は不運じゃない?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

吉方位は幸運、凶方位は不運って考えるから一喜一憂することになります。

このブログの更新がとどこおっている時は大抵何か他の事をやってます(笑)。
3連休最終日ですが、楽しい感じで過ごしていらっしゃいますでしょうか。
幸運は楽しさの中にあります。
だから、楽しい状態にある人は幸運を呼び込んでるって話になります。
本題に入りますが、凶方位を不運だと思っている人は多いです。
たぶん、ネットで情報を調べている人は大半がそうじゃないかと思うのですがどうでしょう。

凶方位は不運じゃないです

まあ、幸運でもないです(笑)。
どちらかというと「警鐘」です。
吉方位や凶方位など、方位には意味があるということが分かった人は、その方位に影響を受けやすくなります。
知らなければ別だったかもしれませんが、知ってしまうと気になるのが人間ですし。
問題は、吉方位は良くて凶方位は悪いという理解になりやすいことです。
その理解は半分正解で半分間違っています。

人は常に吉と凶の影響を受けています

良い時もあれば悪い時もあります。
そして、良いときだけになることはないし、悪い時だけになることもないです。
良いときだけを望むということは間違っているということになります。
良い時を感じ取るために悪い時を過ごし、悪い時を過ごすことで良いときが分かりやすくなるとも言えます。
実際、凶方位を取っているときの状況は、その人にとってその流れが必要なときが多いです。

凶方位は何かが間違っている場合に取りやすいです

あるいは、「いま苦労しておかなければならない流れがある」というときに取りやすいです。
方位を意識している人なら気がつくと思いますが、一生懸命吉方位を取っているのにどうしても避けられない凶方位が出てきて困るということがあります。
私はそういうのは無いのです。
「無い」というのは、凶方位が出てきても困らないという意味です。
人は運気をきちんと意識する事が出来ると、追い風と向かい風が理解出来るようになります。
追い風の時はどんどん頑張ればその分結果がついてきます。
向かい風の時は無理をせず、目の前のことをきちんとこなしていくときです。

体調を壊した時を思い浮かべていただくと良いです

調子が悪いのに無理をすれば、後でもっと悪くなるかもしれません。
私がせっせとジムに行って体にストレスを与えるのも、風邪を引いて寝込みたくないからです。
同じように体に負担が掛かるなら、自分がコントロール出来る方を選択します。
凶方位についても同様です。
「あ、今の状況って悪い流れに入ってるんだな」と分かれば、行動を慎重に出来ます。
問題に対して早めに対処し、次に必要なことを前倒ししていきます。

悪い流れ、向かい風なのですから、好きなようにやってたら土ツボにはまるだけです

風の流れを読み取るのが方位を読み取ると言うことです。
吉方位を取ることが出来るということはその流れに乗ることが出来るということですし、その中で凶方位が出てくるということは何かのシグナルかもしれません。
方位の状況を良い悪いで判断すると不安ばかり強くなることがあります。
方位の状況は良い悪いでは無く、自分にとってどうなのか?です。
方位の鑑定を受けるということは、自分の状況を知り、どうしていったら良いかを明らかにする作業です。
凶方位は悪いから何とかしたいっていうのは不安ばかりが強くなるので止めた方が良いかなって思います。