凶方位の時は無理をしない方がうまくいくことがある

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位だけど避けやすいときと、どうにも避けられないときがあり、避けられないときは慎重且つあきらめが肝心です。

何かの用事で旅行や出張に行くときに凶方位、引っ越し予定先が凶方位、凶方位というのはいろいろなタイミングがあります。
このときに避けられる凶方位の場合、なぜかうまく外れるタイミングで凶方位を選んでいることが多いです。
旅行や出張の場合は、予定先が凶方位だけど、宿泊先を変えれば吉方位になるとか、引っ越しの場合は時期をずらせばそこまで悪くないとかです。
凶方位は確かに嫌なものなのですが、予定を変えることで避けられる流れがあるときは結構大丈夫です。
ほんと、うまい具合に避けられるんです。
でも、逆にどうこねくり回しても無理っていうケースもあります。

こういう場合は予定を取り止めることも出来ない状態になっています

通常、凶方位といっても、いくつかのやり方でそれを避けようとします。
でも、どのやり方でもうまく行かないタイミングの場合、「これはどうにもならない、避けられない凶方位」ということになります。
この場合は、逃げません。
たとえ逃げても、またしばらくすれば同じ流れが来ることが分かっているからです。
こういう場合は、とにかくまずは行ってしまいます。
そのかわり、大人しくしつつ、起きる出来事に意識を向けます。
避けられない凶方位の場合、今はこの流れを受け止める時期ということを占いが教えてくれています。

こういう時のポイントは「無茶をしない」です

凶方位に向かっていくしか無いときに「闇雲」にがんばると、そのがんばりが後から足を引っ張ります。
しかも、自分の健康に与える影響もあるため、無茶はしない。
この健康という部分についても、凶方位だから悪くなるというのではなく、凶方位に行くと現実問題としてストレスが掛かったり、無茶をしたりしやすくなるためです。
占いで大事な事は、見えない部分はしょうがないのですが、「凶方位だから」というだけで何でも悪い方に結びつけるのはダメだよってことです。
だからこそ、慎重さがポイントになります。
慎重にあれこれ必要な事をやっていくと、どこかで「あ、これか~」って感じで気づくことが出てきます。

それが踏ん張りどころのポイントになります

凶方位だからといって怖がって腰が引けていると、いろいろなことが先延ばしになって面倒なことになります。
だからこそ、気がつくまでは慎重さを大切にし、気がついたら迅速に対処する、という感じです。
通るべき凶方位はこれまで積み上げた部分のマイナス分の帳尻合わせさせようとしていることが多いです。
だからこそ、そのマイナス分がどこに出てきているかを見極めるために慎重さがポイントになります。
方位除けとか方違えとかは関係ないの?って思われる人もいるかもしれません。
方位除けは基準の中にありませんし、方違えはもともと凶方位ではない形にするので方違えが出来ているならこんなやり方を取る必要もないです。
まあでも、凶方位を取るしか無いというときは、方違えも出来ないような状況なので、如何にして凶をあぶり出し、素早く対処して流れを自分に引き寄せるか、という方が効果的です。