凶方位の影響の怖さの本当のところ

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位の影響は怖い、というところから全てがスタートしています。

その反対が吉方位の影響は「良いらしい」という期待があります。

どちらも「想像の域」の人が多く、ネットや本の情報に踊らされています。

このブログでは一貫して「実感が重要」とお伝えしています。

想像ではデメリットの方が大きいからです。

凶方位は怖くなり、吉方位は影響が実感出来なければ「うそじゃん」ってなるかもしれないです。

方位鑑定をする時は、こういう所も含めて解説をしながら占っていかないと、相談者自身がうまく理解出来ず、信じる信じないの方に話が向かいます。

凶方位の持つ本質を占う

相談者は「凶方位をどうにかしたい」という意識で相談されています。

その結果として、どうにか出来る・出来ないという鑑定結果を伝えることが一番簡単です。

でも、これは根本部分が分かっていません。

凶方位も吉方位も選択した結果です。

「なぜ今、その選択をしているのか?」まで占っていかないと、見えない怖さや期待に振り回されます。

面倒くさい話だと思いますが、凶方位の本質を占うには手順があります。

その結果、今は心配いらないとか、今すぐ対処した方が良いとかが分かります。

相談者が占い師に求めている情報はここにあると思っています。

凶方位が確定したときに出来る事は少ない

凶方位と分かった時に出来る事は多くありませんが、その中でも大事になるのは相談者自身がどの程度方位の影響を実感しているかです。

凶方位と分かった時に出来る事はこんな感じです。

・凶方位に行かない(2回移動をする方違えも含む)(気学)
・凶方位に行く時期をずらして、凶方位を外す(気学)
・日時を選んで凶方位の影響を外す(気学とは違う手法)
・方位除け(気学とは違う手法)
・家の中の運気の良い場所を活用する(気学とは違う手法)
・吉方位旅行に行く(気学)

全てのパターンで方位の影響が実感としてある人の話です。

凶方位の影響が怖いだけの人なら頭の片隅に置く程度で良いです。

タイトルにもあるように、凶方位も吉方位も予兆の一つです。

凶方位の影響がどんな形になるかは相談者の中に答えがある

どういうことが起きますか?と聞かれる人も多いですが、その答えは自分の中にあります。

置かれている状況も環境も人によって違いますので、占いで出てくる一般論では意味が分からないです。

五黄殺は自滅の方位だから「自滅しますよ。病気になりますよ」では答えになっていません。

凶方位に行くということは、行く理由があります。

大抵は、無理をしやすいです。

凶方位の影響が大きいほど、無理も大きくなります。

その反動は既に起きているかも知れませんし、後から来るかも知れません。

こうやって整理して行くと原因が見えてきますので、そこがトラブルの元になることも予測が付きます。

凶方位の影響を予測して準備する

占いは現象をよむため、どういう現象になっているかを基準にすることで、どうしたら良いかも分かります。

相談者の置かれている状況に合わせて対処法が出てくるので分かりやすいです。

これは方位の影響の実感が無い人にも有効な手法になります。

方位の影響の実感が無い場合、今何かを対処する必要はありません。

でも、怖さが残っている場合、方位の影響を実感し始めたときに対処出来るように準備をしておきます。

これが出来るのも占いと現実を結び合わせているからです。

凶方位の実感が無いのに無闇に対処しない

この時にやってはダメな方法として「事前に対処して備える」ことです。

凶方位の影響を少しでも弱くしたいという想いは分かるのですが、実感もないのに対処しようとすると、どこかで心が折れる可能性があります。

分かりやすいのが毎月吉方位旅行に行くとか、あるいは2回引っ越しをする方違えをしようとするなどです。

どうしても気になるなら、その人に合わせて「これはやっておくと良い」という鑑定をします。

でも、普通は時間が経てば忘れます(笑)。

この辺のさじ加減はどれだけ冷静になれるかで変わってきます。

どんな凶方位でもやることは一つ

凶方位がどういう感じであったとしても、一つだけ変わらない事があります。

何があっても対処は現実の世界です。

トラブルもストレスも全部現実の世界で起きます。

起きた事に対処する以外に最終的な対処はありません。

それに備えて準備をするのが占いの役割です。

今やろうとしていること、やったことの未来を少しでも楽にする、それが凶方位を選んだ時の占いの持つ役割です。