凶方位の引っ越しは怖い?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

方位鑑定をするときに注意したいのが、凶方位を選んでいること自体が悪い、と思われやすいことです。

当然、凶方位を選んでいるのですから、注意信号なのは確かです。
そのまま凶方位に引っ越してしまったり、旅行をしてしまえば「悪い流れが確定」するのですから、当然です。

ただし、ここで勘違いしやすいのは、凶方位への引っ越しや旅行に「行ってからが怖い」と思っていることが多いということ。
そうじゃありません。

大切なのは「凶方位となる時期と場所を選んでいるということ」そのものです。
方位学というのは凶方位への引っ越しや旅行を鑑定するものだと思われていますし、そのとおりですが、実際には「今現在の運気そのもの」も浮き彫りにします。

つまり、凶方位に行く事を「決めた」段階で、流れが変わり始めている、ということ

運気的には下がり始めているかすでに下がっているかのどちらかです。
そのため、現状ですでにトラブルが起きていたり、ストレス過多の状況になっていることが多いです。

今が幸せで超楽しい!っていう人はあまり凶方位を選んだりしないんです。
それと方位学で運気を読む上で重要なのは、運勢とは直接関係しない、ということです。

ここでお話している運勢っていうのは、いわゆる命術(めいじゅつ)から出てくる運勢です。
私でお話をするならば、紫微斗数や西洋占星術などです。

これらは生まれた年月日・時間・場所、そして今いる現在地などから鑑定をするものです

ある意味で運命の羅針盤ともいえる鑑定です。
ただ、人間はこの命術から出てくる運勢にぴったり一致している人はあまりいません。

普通は知らないですし、知っている人でも意識的にあわせるのは難しい点が多いからです。
このため、たとえば命術から出てくる運勢の上下のタイミングと実際の運気の上下が一致しないことも多いです。

これは不思議でもなんでもなく、実際の運気とはまさに現実であり、命術の運勢とは理想だからです。
求める姿は命術の運勢を土台にしながらも、現実の運気をコントロールする、というのが目指すところです。

話がそれましたが、一般的な運勢とはことなり、方位で明らかになる運気というのは、まさにその人そのものなんです

だからこそ、凶方位に引っ越しをしようとしたり、旅行をしようとしたりすることそのものよりも、「なぜそのタイミングでその方位を選んだのか」のほうが余程重要です。

そして、主にそれを選ぶことになった原因に注目すると良いです。
それが流れを変えているきっかけになっているためです。

凶方位に引っ越しをしたり、旅行をしたりする前であれば、まだ修正が効きます。
もう一度予定や目的を整理して、回避策がないのかどうかよく検討をしたほうが良いです。

凶方位に行ってしまえば、その流れは確定するってこと

一度確定した流れを、また違う運気から違う流れを呼び寄せるには、時間も労力もやはり掛かります。
いつものことですが、なぜ移転前に、旅行前に凶方位だと分かったのか、ということを考えてみることです。

普通は知ることもないですし、関心を持つこともないことですから。