凶方位に行ってしまったら気にしないが一番良い?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位に引っ越したり旅行をしたことが分かったら、気にしないが一番良いですよね?

引越しや旅行など方位鑑定の時に出てくる話題がこの「気にしないが一番?」です。
特に凶方位なら「気にしすぎる」のは、デメリットの方が大きいかもしれません。
ただ、台風が来ているのに「行くのは決まってるのだから、気にしないしかないですよね?」と言っている感じがあります。
台風と凶方位は違うでしょ?と私も思います。
台風は見ることが出来ますが、凶方位は見ることが出来ません。
そのために方位の影響があるのかないのか、あるならどの程度なのかを鑑定するわけです。
自分の想ったとおりにしかしないのなら、凶方位は気にしないという選択で良いでしょうし、そもそも占い自体受ける必要性はありません。

占いを受ける価値は「自分の置かれている状況を理解できる可能性がある」点です

吉方位でも凶方位でも今の自分がどういう状況にあるのかを教えてくれます。
その上でこの先、凶方位を取るにしてもどういう風に注意していくかの目安を手に入れられます。
凶方位の影響を「受けない」とか「避ける」とかっていうのは、そこに「行く」のですから無理です。
しかし、過去の経験を踏まえることが出来れば、これから先の予測が出来ます。
これが占いを受ける意味です。
そして、やることをやったら「もう凶方位のことは気にしなくて良いですよ」って話になります。

ここまでやれば、これからやろうとしていることを「注意しながらも」楽しむのが一番になります

注意しながら「気にしない、楽しむ」というのと、単純に「気にしない」というのでは全然違います。
実際、「気にしない」と選択したって無理でしょう。
後で不安が出てきたり、やっぱり気にした方が良いのではと思いやすいです。
大人は根拠もなく「気にしない」というのは難しく、それなりの理解と備えが必要になります。
占いはそのために活用するのですが、占い師の中には結果しか伝えない人がいます。
そうすると余計に不安になるので、結果的に「気にしないので良いのかな」って話になることがあります。

もう出会う占い師も運次第というこの世界(笑)

繰り返しますが、占いの結果が重要なのではなく、その結果を踏まえて「どうしたら良いか」が重要です。
占い師が力をはっきするのはこの場面です。
相談者の状況に合わせて落とし込んでいくことで、「気にしない」から一歩進んで「対処する」になります。
最終的に気にしないで良い世界なのか、それとも気にした方が良いのかは人それぞれ違います。
それが分かっていれば、「気にする?」「大丈夫?」というのも自然と答えが出ます。