凶方位に行くことになっても対策をすれば大丈夫なの?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位に引っ越し・旅行・帰省をするけど対策・対処をすれば大丈夫だよって言えない理由があります。

凶方位に何かの理由で行く場合、行きたいように行けば良いし、行ってから対処をすれば良いじゃない、という考え方があります。
穴に落ちる可能性があるから、落ちることを前提に準備をしていけば良いという考え方です。
私は人によると思っていますというか、人によります。
私が「凶方位でも大丈夫っていうことがあるよ」というのには理由があって、相談者の現状・過去・未来を占った上でお伝えしています。
大丈夫かどうかは千差万別で、正直、「大丈夫じゃない」という方が多いです。
どういうケースで大丈夫じゃないかというと、方位の影響を受けていることがハッキリ分かるときです。

方位の影響が目安に出来るときで、それが凶方位なら全く大丈夫じゃないです

穴の深さが想定出来るだけでなく、穴に落ちることまで想定出来るのですから、行かない方が良いよってなります。
それでも私は行きたいから行くんだっていうなら好きにすれば良いのです。
しかし、中には行きたくないけれど行かないと行けないの、っていうのもあります。
好きにしたいという人に対しては好きにすれば良いと思うので鑑定を中断します。
行きたくないけれど行かないとという人は、応援します。
ここにもポイントがあって、本人がやる気になっているのか、都合の良い解釈をしたいのかで、現実も変わってくるためです。
商売の事だけ考えれば全部占っていれば良いのですが、応援したいと思えない人を占ってもしょうが無いです。
行きたくないけれど行くしかないという場合、占いによってどの程度注意すれば良いかがよく見えてきます。

こういう場合、八方ふさがりのように見えていても、意外と大丈夫な場面が出てきます

つまり、凶方位でも行くなら行けば良い、後で挽回すれば良いという考え方は危険ですって話。
「行く」ということの結果は変わらないかもしれません。
しかし、自分の状況を理解した上で行くと決めるケースと、「なんとかなるでしょ」というケースでは、結果が違ってきます。
占いは「大丈夫だから」と盲信するためではなく、現状を知り対処が必要なのかそうでないのか、このままで良いのか違うのかを知るために役立ってくれます。
面倒な話ですが、これをやっておけば大丈夫ということはなく、「あなたの場合はどうなのか」が大事になります。
それを分かった上で凶方位に行くかどうかで、未来も随分と変わってきます。