凶方位に引っ越し・旅行の時は結果だけで判断しない方が良い理由

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

占いの悪い一面として、「悪い」と出たら全部が悪くなるという印象を持ちやすいことです。

確かに、占いが人生に与える影響はあると思いますが、それが全てではありません。

どちらかというと、その時々の選択に対して近未来の吉凶を教えてくれる感じです。

近未来であって全未来ではありません。

しかも、絶対的に悪いとか、絶対的に良い(吉方位の場合)ということもないです。

総合的に見て悪かった、良かったという流れです。

だからこそ、凶方位と出たからと言って、それでどうするか判断するのは危険というのが、ここのところの私のお話の中心です。

過去を振り返ってみれば分かる事です

これまでにも旅行をしたり引っ越しをしていれば、そこには吉凶が絡んできています。

しんどいときもあったと思いますが、そうでも無い時もあったと思います。

全部が悪い、全部が良いということは無いということです。

ただし、出来るだけ悪いものを減らし良くしていく、良いものは出来るだけ更に増やしていく、そういう視点があると人生が楽しくなっていきます。

今よりも快適に幸せになっていく手法を知ることが、占いを受ける価値になります。

この辺の事情も含めて凶方位を考慮していくと、見えてくることがあります。

私は引っ越しなどの場合「何処に引っ越したいですか?」「住みたい所はどこですか?」ということを良く聞きます。

吉方位か凶方位かは重要ではありません

昔は吉方位か凶方位かが大事でしたが、それ以上に「想い」の有無が運命に強く影響を与えるケースが多いことが分かってきたため、現実を優先するようになっています。

現実が良い状態にあると、運不運の作用も弱くなります。

こういった背景を活かすために効果的なのが「総合的に判断する」です。

ある意味で家をローンで購入するのと似ています。

ローンを組むときは、審査を通る必要もあるので、目先のことだけで無く、先々の事まで考えていきます。

多少の妥協もついてまわりますし、「これだけはこだわりたい」という一面も出てきます。

そういった諸々の事情と下調べをした上で、トータルで快適性が増すのであれば、凶方位でも問題ありません。

凶方位が気になるケースの多くは、「凶方位だから」という感じで気になってしまっています

でも、これを機会に現実面の可能性やリスク、必要性などを整理しなおした上で占いの結果(凶方位)と比較します。

凶方位でも引っ越す価値があると判断出来れば、後は占いの出番です。

日付を選ぶ、お守りを買う、家相・風水で家の調子を整える、必要なら吉方位旅行も取り入れるという感じです。

トータルでOKの選択なら、事後フォローで更に良い形にしていけます。

凶方位だから全てダメ、そういうことはありません。

過去のご自身の行動がそれを実証しています。