凶方位に引っ越しても大丈夫?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位の影響に不安を感じる前に必要なことがあります。

よくあるご相談の「凶方位への引っ越し」について今回は触れていきます。

凶方位への引っ越しをこれからしようとする人と、引っ越してしまった後の人では状況が違います。

更に、引っ越しをせざる負えない人と、凶方位だけどそこに引っ越したいという人にも分かれます。

今日は「凶方位だけどそこに引っ越したい」という人についてです。

まず大前提ですが、凶方位に引っ越して、その方位の影響を避ける方法はありません

そこに行ったことを無しにすることは出来ないからです。

そして、凶方位の影響は吉方位で流れを変えていきます。

引っ越しの方位は未来の暗示が多い

大抵の場合、凶方位へ移動しようとする流れにあるときは、現実があまり良い感じではありません。

現状が大変というケースも多いです(そうじゃない人もいます)。

中には、それまでの状況が苦しすぎて凶方位の方が楽だっていうのもあります。

人は不思議なもので、現状がつらすぎるとどういう状況に飛び込もうとも、今より楽だと感じることがあります。

それはそれで人間の防衛本能ですから良いのですが、出来るならばもっと楽な流れに乗りたいところです。

方位の影響と方位除けは考え方が違う

物事はいろいろな事が重なり合っているので方位除けの役立つ部分もあるのですが、基本的に方位の影響を方位除けで何とかする考え方はありません。
参考:「方位除け・方災解除は凶方位に引っ越したり、旅行したりしたときに効果があるの?方除けの意味は?」

じゃあ、どうするか・・・。

引っ越したい場所があるならば、状況にもよりますが、基本的には時期を見なおしたほうが良いです。

凶方位に移転しようとしているってことは、何らかの理由でタイミングが悪いです。

そのタイミングの悪さがどこにあるかが分からないので、「今引っ越したい・・・」となっています。

じゃあ、流れが良い人の場合はどう判断するかというと、引っ越したい場所があっても「今すぐじゃなくて、適当な時期」と考えていることが多いです。

時期にとらわれていない、ある意味で場所にもとらわれていないです。

良い流れを持っている人の特徴

これまでのご相談事例ですが、最初の鑑定の時は「避けたほうが良い」という鑑定をしました。

このケースは「マンション購入」でした。

時期的に消費税の関係もあるので、買いたい物件を「いつ」手に入れるかは、かなり大きなお話です。

ところが、移転時期が凶方位・・・。

その後、いろいろとあり再度鑑定依頼が飛び込んできました。

大体1年ぐらい経ってます。

すると、物件自体は変わってないのですが、引越し時期として占い上問題がない時期にまで近づいていたんです。

良い流れに乗り始めると方位も変わる

このご相談者はいろんな意味で運があるんだと思うのですが、結果的にいい流れを引き寄せてます。

行きたい場所があって凶方位に当たるならば、タイミングを待つ。

可能ならばこういった選択が良い時期なのだろうと思います。

凶方位ならまずは自分の身辺をよくチェックしてみてください。

どこかに無理がないのか・・・。

一緒に読んでみてください:「凶方位は絶対だめなの?どうにもならないの?」