凶方位に引っ越しが決まっていて予定も変えられない

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

それは「問題が起きやすい渦中に飛び込んでるんだな~」ってみます。

凶方位に行くから何とかなりませんか?っていうご相談の根本的な勘違いは、「自分で決めた流れを変更せずに違う流れは呼び込まれない」ということです。
要は凶方位に行くんだから、その影響は受けるよ?っていう話。
しかも、予定も変えないならしょうがないじゃない。
ただし、ここで大事な事があります。
それは凶方位という考え方もそうですし、占いそのものの考え方もそうなのですが、「あなたは方位の影響、占いの影響がどれぐらいある?」という考え方です。
仮に、凶方位の影響を受ける人=方位の影響が行動の目安に出来る人の場合、凶方位に引越しが決まって変更も出来ないなら、相応の面倒な人生になるよねって話です。

だって、そういう人生の選択をしてるんだもん

都合良く、自分だけなんとかなりません?なんてなるわけないです。
ただ、方位の影響を受けやすいということは、違う方位の影響を取り込みやすいということでもあります。
さらに家相や風水を活用して、住む家から良い運気の影響を受けるなら、流れも変わりやすいです。
ここで大事な事は、自分にとって方位の影響・占いの影響というのはどの程度のモノなのかを知ることです。
人によっては気にしなくても良い(少なくとも本人は気にならない)ものもあれば、そのものど真ん中の人もいます。
傾向があって、今迷走している人が凶方位を選ぶことが多いです。
しかも、他の選択肢も無い(あるいは変えたくない)という厄介な状況です。
こういう場合、いずれにせよ、引越し自体の選択肢は変えられないので予定通り進めます。

いつも言いますが、運気とか運とかっていうのは目に見えないモノです

一方で問題やトラブルというのは現実の世界の話です。
つまり、現実に対しては必要な対処をする、見えない部分については備えていく、というのが必要になるという話です。
なんか不安だからなんとかならないの?って話じゃ無くて、まずは状況把握が重要だよってことです。
ほとんどの人が現状を一つずつ整理して、自分の置かれている状況を再認識すると、冷静になります。
「あれ、本当にこの状況ってあまり良くないんだな」とか、「あれ、すごく不安に感じていたけど結構大丈夫なんだな」とかです。
人は冷静になると自分に必要な選択も見えてくるようになりますし、「今の自分に必要なことは何だろうか」ということも見えてきます。
「絶対こうしないとだめ」という意識から、「もう少し検討の余地がないか考えてみる」という感じです。
こうなってくると同じ凶方位の影響も変わってきますし、精神的な余裕も出てきます。
「凶方位を選んでいる」というそこから何とかしたいという想いの前に、状況把握に時間を掛けることです。
そうすれば、今どういう選択をする、今後、どういう準備をしていけば良いかも見えてきます。