凶方位に引っ越しが決まった後の占いに価値がある

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

以前は凶方位かもしれないというときは、あえて占わなくても良いのでは?と提案してました。

私は基本的に占いは無理に受けなくて良いという占い師です。
占いで何かが分かっても、それでどうにかなるかどうかは人それぞれ違うからです。
凶方位に引越しをしそうだけど、本当だろうかと気になっている人がいます。
予定も変えられない、すでに行くことも確定している人です。
私はこういうときに「無理に占わなくても良いと思います」と言い続けてきました。
実際、凶方位に引越しをするということが確定しているなら、凶方位の影響をなしにするという選択肢は無いからです。

それなら中途半端に知るよりも知らない方が楽でしょうという認識です

ここ2~3年はずっとこんな感じ。
でも、ちょっと変わってきました。
「運気が下がる」ということを知っておくのと、知らないで突き進んでいくのでは、人生の進み具合が違ってくることが分かってきたからです。
繰り返しますが、凶方位に引越しをすることが確定事項なら「方位」という観点からは、その影響を避けることは出来ません。
でも、「影響」という言葉一つをとっても、人それぞれ全然違います。
強烈に作用する人もいれば、意外と大丈夫な人もいます。

方位から受ける凶方位の影響を違う吉運でカバーすることだって可能です

相談者は「凶方位が怖い」という認識しか持っていないことが多いですが、「凶方位でも人によって対処は違う」と分かれば未来が変わってきます。
「未来に備えることが出来る」というのが、凶方位に引っ越しが決まった後の占いの価値になります。
実際のところ、「結構、今後大変かもしれない」って知っておけば、無茶な選択をしなくなります。
現状を知るまでは勢いや感覚で判断していたかもしれませんが、そこに理性が入ってきます。
「そういえば、判断ミスをしやすいって言われていたな」とか、「思わぬ問題が起きやすいと言われていたな」と知っておけば、慎重に物事を進めます。

すると、自然と災難をスルーしている事が多いです

それ以外にも、下がった運気を違うところで上げていくことで、思ったよりも結構大丈夫ということだって多いです。
占いを受ける価値はここにあります。
心配で気になっていたから占って貰うわけです。
結果的に占い的にどうであったとしても、現実が平穏で穏やかに過ぎていくならそれこそが望むところのはず、と私は思っています。
そういう風に思う人なら、こういったやり方での占いを受ける価値は十分にあります。