凶方位になったときはどうしたら良い?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位に気がついても気にしなくて良い場合もあります。

占いは、結びつけようと思えば何でも結びつけられます。

凶方位も、何かの拍子に凶方位だったと知ります。

そして、どうしたら良いだろうかと不安になりすぎる傾向があります。

不安を感じる理由が無いなら、気にしなくて良いです。

凶方位は悪いものだと書いてあるから不安になっているだけかもしれません。

占ってみないとその人に占いが合うかどうか分からない

占いの結果と一致する点が多い人もいれば、そうじゃ無い人もいます。

これはきちんと占って貰わないと分からないお話です。

私自身「あなたは気にしなくても良い」とお伝えした人もいます。

「気にしなくても良い」と出てくるのは、凶方位の実感があるかどうか、資質・生き方的に影響を受けやすいかどうかを鑑定しているからです。

気にしなくても良いとお伝えしても気になる人がいますので、そういう人には「何か起きたとき」を目安にして貰っています。

凶方位は影響していないのに家庭不和を引き起こす

問題が起きても対処出来る範囲なら占いを気にしなくて良いとお伝えしています。

いくら凶方位の部分で災厄を避けたとしても、結局、トラブルは舞い込んできます。

実害が起きているかどうかも分からない段階で凶方位だからと心配しても良いことがありません。

せっかく楽しみにしていた旅行、あるいは引っ越しだったのに、凶方位が気になりすぎて不幸になっていたら本末転倒です。

でも、こういうケースは意外に多く、家庭不和の原因にもなっています。

凶方位の影響は実感の有無が目安

凶方位も選択の結果の一つであり、そこに至るまでにやってきたことの方が影響が大きいです。

何か一つの影響で問題が起こるわけでは無く、いろいろと重なった結果問題が起きやすくなります。

凶方位だからな何とかしなきゃと不安になりすぎるよりも、現状の全体把握を優先します。

感覚で言えばトラブルを感じているかどうかです。

凶方位=トラブルという実感でOKです。

大事なのは他人からみて「それはトラブル」というのではなく、本人の実感があるかどうかです。

本人がトラブルと感じていないなら、凶方位=トラブルにはなりません。

一般論を気にするよりも実害を感じるかどうかで判断する

ルールに当てはめたら凶方位だよって言ってるだけで、それがどういう意味を持つかは人によって変わります。

だからこそ、何故か気になって調べたら凶方位だった程度なら心配しすぎという話になります。

問題がないならそのまま忘れて良いですし、他に気にした方が良いことはたくさんあります。

問題がある人ならすぐに相談されます。

そうじゃないならわざわざ高いお金を掛ける必要性はありません。