凶方位で運気を下げたら、それ以外で運気を上げる

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

「運気」は一つだけど、いろんな形で上がったり下がったりします。

引越しや旅行、移動から受ける運気もあれば、家から受ける運気もあるし、所有しているものから受ける運気もあれば、自分自身が持っている運気もあり、形は様々です。
でも、運気という点においては共通しています。
凶方位が怖い人にありがちなケースは、凶方位がすべてになりやすい点です。
この場合、まだ、運勢の方が受け止めやすいです。
今年は厄年なんだよねってなった場合、何をするにしても一応厄年が頭をよぎっていると思いますが、それで不幸になるとまでは意識しないです。
ところが、凶方位の場合は実際の行動が運気に直結するため意識に残りやすいです。

結果的に凶方位が怖いとなっていきます

これを避ける為に占い師の内田さんがやっているのは、現実と占いとのすり合わせです。
何が良くて何が悪いのか、悪いことがあるなら現実を踏まえた上でどの程度悪いのか、ということを鑑定していきます。
現実と占いの関係が理解出来るようになってくると、何をしたら良いか(しない方が良いか)も分かってきます。
その上でなら「じゃあ、凶方位以外のところで良くしていきましょう」っていう話も出来ます。
凶方位で運気が下がったとしても、その他の運気を下げないようにすれば結果オーライになるということです。

特に重視するのは自分の中のバランスを整えることです

それは行動や意思決定の基準であったり、自分が本来持っているもののバランスを崩さないようにしたりです。
運気が下がったときは、問題が立て続けに起きて振り回されて全体の流れがコントロール出来なくなったときに、てきめんに影響を受けます。
問題が起きることが問題なのでは無く、起きた後の自分自身の状態です。
運気が下がったときに問題が起きても、適切に対処してやり過ごせば、うまくやり過ごせます。
運気が良いときだって問題は起きますし、対処を間違えればぐちゃぐちゃになります。
問題を先延ばしにしたり、必要な事を後回しにすることで、更に運気が下がっていきます。
下がってもそれ以上に下がらせないようにするだけなのですが、背景が分からないのでどんどん自分から土ツボにはまっていきます。
運気って見えないものです。

だから取っかかりが無いと、どんどん滑り落ちていったりします

それを防ぐためにあれこれと他の運気でバランスをとり、とっかかりを増やします。
「これがあるから大丈夫」「こうしておけば大丈夫」
漠然とした状態をはっきりさせて対処しやすくします。
そうすることで凶方位で下がった運気を他でカバーします。
これが分かっていると結構大丈夫なんです♪