凶方位で不幸になる人の特徴

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位に行くから不幸になると思ってますか?ちょっと違います。

凶方位に行ったからといって不幸になるかどうかは別物であることが多いです。
不幸の基準は人によって全く違い「凶方位=不幸」とするには乱暴です。
といっても、何か目安になるものが無いと話が進まないので、不幸=その人にとって嫌なこと、としておきます。
凶方位に旅行をする、引っ越しをする、結果として不幸になる、これが方位鑑定をする占い師でよく話が出てくる話だろうと思います。
たぶんそうだろうって思っているという話になるのは、そういう占い師が私の周りに居ないためです。
ただ、お客様の中ではそういう鑑定を受けたって言う人もいるので、実在はすると思います。

この凶方位に行くと不幸になるお話ですが、実際は「行く前から不幸」です(笑)

笑い事じゃ無いかもしれないのですが、方位というのは「方位が先にある」ではなく、「自分が先にある」というのが本質です。
その人がいない限り方位鑑定は出来ないのですから。
凶方位に行く、凶方位を選ぶ、というのは「自分自身」です。
凶方位を選ぼうとしている状況の多くには、問題が内在していることが非常に多いです。
問題を抱えている状態で移動をするのですから、凶方位を選ぶことも必然なのかもしれません。
そして、問題を抱えたままで移動しているのですから、問題が悪化することも容易に想像出来ます。
方位もそうですし占いもそうですか゛、こういう見えない部分を見えるようにしてくれるために存在しています。

逆に言えば、今がとても充実している状況では凶方位を選びにくい、ということです

ストレスが掛かっていたり、気になることがあったり、その対処を先延ばしにする中で無理に引っ越しなどの予定を組み込むために、効果抜群に凶方位を選んだりします。
これが凶方位に呼ばれるという現象です。
でも、理由が分かっていれば、対処出来ることも多いです。
凶方位だからなにもかも終わったって思ってしまう人もいます。
一方で、凶方位だけど行くしかない!それならこれを節目に出来ることを一つずつやっていこう、という人もいます。
同じ凶方位なのに、なぜか後者の方がうまくいくんです。
方位だけが運気の基準になり得ないという証明の一つです。
凶方位だから不幸になるわけじゃありません。
やれることは結構たくさんあると思います。