凶方位でも引越しOKの可能性がある?

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

時代と共に鑑定の解釈や基準も少しずつ変わっています。

方位鑑定のご相談をされると分かるのですが、「凶方位は絶対にだめ!」っていう占い師と「可能性を模索する」占い師に分かれます。
私は基本的に「凶方位は絶対にダメ」っていうのは、今の時代に合わないって思ってます。
凶方位の扱いについては、これまでも何度となくお話をしていますが、そもそも移動が多い今の時代に絶対に凶方位を取らないっていうこと自体無理です。
しかも、凶方位の影響をどの程度受けているかの判断もなく、「凶方位は絶対にだめ」っていうのは単に机上の論理です。
いつも言いますが、方位の影響にしろ運勢にしろ、影響の強いときもあれば弱いときもあるんです。
これは吉方位に引っ越したり旅行をしたりしても同様です。

だからこそ、「方位のみに軸を置く」という鑑定は少し不自然なんですね

そもそも方位鑑定というのは、今からやろうとしている行動の吉凶を見極める事です。
単純に吉方位に行くから吉の影響を受けてうれしい♪、凶方位に行くから凶の影響を受けて悲しい(>_<)、ということではないです。
これがあるから凶方位の引っ越しでも可能性が出てくるんです。
方位が物事の吉凶を教えてくれているならば、それを整理した上で乗り越えていける流れなのか、それとも難しい流れなのかを見極める事が出来ます。
この部分で占い師の力量が問われると言っても良いです。
行こうとしている先が凶方位という場合、常に軸となるのは現状で有り、行こうとする目的です。
それと凶方位の状況とを比較するわけです。

思ったほどでは無い可能性が出てくることも多々ある

さらに言えば、これは方位鑑定からはみ出て複合鑑定の話になりますが、その人の資質との一致とズレを見極める事で、方位の影響を強くも弱くも出来ます。
何でそんなことが出来るかと言えば、「方位が人生の全てでは無いから」です。
当たり前と言えば当たり前です。
自分自身がいろいろな人や環境の影響を受けているように、運命や運勢も様々な要素の影響を受けています。
それならば方位の影響の割合を小さくしてやり、その他の影響の割合を大きくしてやると、凶方位の影響自体も流れを変えます。
もちろん逆のパターンもあります。
その他の影響を弱くして、方位の影響を最大限に活用する手もあります。

ただし、結局は影響を受ける人自身の意識と行動に繋がります

これが「今はどうしたいのか?」「そこに行く事で何が為されるのか」っていうことなんですね。
方位自体もそうですし、それ以外の要素もそうだし、そして自分自身もそうなのですが、どれか一つだけで成り立っているのでは無くて、関連するものをそれぞれ引き出してやって、今回の凶方位は行っても良いのかどうなのかを鑑定していきます。
このやり方でやっぱりダメな場合って、ご本人も無理をしていることを理解されていることが多いです。
そういうときは止めた方が良いです。
でも、同じ凶方位でも可能性がある場合もあります。
方位鑑定だけでは分からない場合でも、複合鑑定も含めて全体で鑑定をしていくことで、見えてくることも結構あります。