凶方位でも大丈夫な場合もあれば?凶方位だからダメなこともある

凶方位旅行・引っ越しの影響と対策

凶方位になる旅行や引越しでも大丈夫なのかだめなのか?

方位の相談をされる方は「何とか可能性を模索したい」という人と、「何とかなるんじゃ無いの?」という人と分かれる傾向にあります。
何とか可能性を模索したいという人の場合、方位の怖さを知っている人が多いです。
ただ、この場合の怖さとは「凶方位だから怖い」という感じです。
もっといえば、凶方位に行ったから大変だったという実感がある人です。
でも、これは情報の整理が甘い状態です。
凶方位というのが分かった段階で、現実面で対処出来る事はたくさんあります。
たとえ、凶方位に引っ越した、旅行した後だったとしても、その後に備えることは十分にできます。
これは凶方位の影響を弱くするというよりも、凶方位の影響を受け流し流れを変えるやり方です。
極論、凶方位の影響を受けていても、現実面でうまくスルー出来ていれば良いわけです。

現代の占いにはこういう視点が必要だと思います

占いは見えない世界と現実とを橋渡しするわけですが、わざとその橋を外してしまうことで現実を快適にすることだって可能です。
その一つの考え方が凶方位の影響を受けても、現実がうまくいけば良いじゃないというものです。
見えない世界に対する考え方ばかり強くなると、「凶方位の影響を受けているから何とかしなければならない!」という想いが強くなります。
問題が起きていないのに不安をあおるのはどうかなと思います。
備えはあって良いと思います。

しかし、不安をあおるのはどうかとも思います

こういう感じで、すでに凶方位の影響を怖いと思っている人がいます。
一方で何となくどこかで方位の話を聞いてきてちょっと気になって、「何とかなるんじゃ無いの?」という人の相談は、大抵、何ともならない感じです。
「行きたいから行く」というケースに多いです。
行きたいから行くというのと、「避けたいけれど行くべき」というのは現実においても随分と違います。
方位の影響と意識の持ち方は関連性があると考えています。
方位の影響なんて無いって思っていれば方位の影響を受けないということではありません。

方位の影響を実感する人かどうかは、過去の移動を検証すれば自然と出てきます

じゃあ、意識なんて関係無い?って繋がってくるのですが、現状を意識していると起きている事に対して対処しやすくなります。
これは良いことも悪いこともです。
人は意識していないと簡単にスルーします。
目の前に100円落ちてても気がつかない人がたくさんいます(みんなお金持ちだな(笑))。
このスルーしてしまうことで、凶方位の場合は悪い方に物事が進みやすくなり、吉方位の場合は良い方に物事が進みにくくなります。
方位の影響を受けるから悪くなっていくのか、悪くなっていくから方位の影響を受けるのか、これは難しいです。

人が出来る事は限られています

少なくとも「悪くなっていく」ということは、何か原因があるかもしれません。
実際に、不注意や甘さ、あるいは思い込みなど、注意をしておけば逃れる事が出来た災難も多いです。
「やばいな~」と思いながら突き進んでいって、やっぱりダメでしたって事もあります。
「気がつけば」立ち止まることも出来ますし、考え直すことも出来ます。
その目安として今起きている状況が、自分にとって良いのか悪いのかを判断する一つの目安が方位の吉凶です。

こういうのって本では分からないし、自分で判断しようと思っても難しいと思います

だから私のような商売があるのですが、少なくとも「行かざるおえない用事」は方位がどうであれ行った方が良いです。
そういうときはその段階では方位の事は気にしない。
気にしてもしょうが無いし。
行かざるおえない用事と行きたいから行くというのは似ているのですが、なぜか現実は違ってきます。
これをうまく説明出来ないのですが、自分の現状に真剣な人は道が開けやすく、「所詮占いでしょ?」っていう感じの人は占いも味方になってくれない感じなんです。

うーん、うさんくさい(笑)

信じれば救われるということはなくて、「こうしたらこうなった」「ああしなかったらああなった」が大事です。
「信じれば・・・」という人は、今は「信じる」ということで何とかしようとしていますが、そのうち目が覚めます。
そして「占いは使えない」ってなる(笑)。
占いはそういう次元ではなく、「目安」です。
自分がどうしたら良いかを明らかにしてくれるものです。

だから、原因と結果がついてきます

その積み重ねをしていくことで、「こういうときにはこうなる」というのが見えてきます。
信じるとか信じないとかでは無く、どうしたら良いかを知るために占っていく感じになります。
これを紐解くと、凶方位でも大丈夫なケースというのが出てくるのです。
もちろん、ダメなケースも浮き彫りになってきます。
一律に何でもダメ、何でも良いとはならない、ということを知っておかれると良いかなと。
そして、占って貰うなら「不安」なときに占って貰えば良いです。
そうすれば、このケースなら大丈夫、このケースなら止めた方が良いというのが、過去の経緯からさかのぼって見えてきます。
その上でどうするかを判断すれば良いです。