仕事を続けられない、ころころと仕事を変えてしまうときに必要なこと

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

年齢が上になればなるほど、新しい仕事や環境に慣れるのは大変です。

たとえ転職でステージアップが可能であったとしても、そこにはすでに先住民がいるわけで、新参者は異物になります。

ステージアップでは無く、今の仕事が嫌で転職をした場合はなおさら馴染むのが大変です。

この時にいくつかの傾向に分かれます。

転職の目的がはっきりしている場合は、新しい環境に対するストレスも耐えやすいです。

何かをやりたいとか、何かを学びたいとか、そういった目的がそこにある場合です。

今の仕事が嫌で転職をする場合は状況が違う

この「嫌」というのにはいろいろとあります。

仕事が面白くないところから、人間関係が辛い、給料が安くてやっていけないなど様々です。

この仕事に求めていることが明確で無い中で合わない環境で仕事をする時は、継続するだけの気持ちを維持しにくいです。

長く仕事を探していて、ようやく仕事が見つかったという場合でも、やはり同じです。

ここで大事な事は、転職に目的が無いのはだめだっていう話では無いです。

生きるために仕事が必要、自分のために仕事が必要

とりあえず仕事をしないといけないと思っていたり、あるいは仕事をするのが好きという人もいて、仕事をする理由はいくらでもあります。

この中で「とりあえず仕事をする」という人が、仕事を継続出来ない傾向にあります。

そして、ころころと変えてしまう。

占い的にもこの傾向は結構はっきり出ています。

しかも仕事を転々としてしまう人は、それを罪悪感として感じていることがありますが、それは感じないようにした方が良いです。

悪い意味では飽き性、良い意味では刺激が必要な人

転々としてしまう人は「仕事環境に求める要求が高い」ために、どうしてもストレスが大きいところに居続けられないです。

これが全ての理由ではありませんが、新しい仕事の内容よりも、新しい職場がしっくりくるかどうかが大きな要素になります。

ここまで明らかにすることが出来たら、後はひたすら「合う」ところを探す事です。

これがめっちゃ大変で精神的なストレスも半端ないです。

でも、合わないと感じるところにずっと居続けるストレスは、それを上回ります。

しかも、言葉は悪いのですが、時間の浪費が激しいです。

我慢している間に他の仕事を探していく

「理屈上はそうかもしれないけど、簡単じゃない」と思われる人もいます。

「その仕事」「その会社」に居続ける目的があるならば別です。

しかし、「とにかく生きていくため」的な理由の場合、進むも引くも地獄です。

それならば、可能性のある「進む」をオススメします。

「可能性」は人を元気にしてくれるからです。

占い的に合う仕事を絞り、自分自身の運気を上げつつ転職活動にトライするというのも有りです。

仕事が続けられないことは問題では無いです。

まずは、続けられる仕事(他の仕事が気にならない仕事)を探し続けることです。

そのためにも「自分は仕事に何を求めているのかな」というところから、まずは始めて見ると効果的です。

仕事の内容が合わない場合もあります

仕事がいくつも変える場合、仕事内容が合わなくて変える場合もあります。

働く目的が明確な場合、仕事内容が多少合わなくても合わせていけます。

ところが、とにかく仕事をしなきゃいけないという場合、仕事の内容よりも雇ってくれるところを優先しやすいです。

結果的に仕事内容が合わず辛くなっていきます。

その辛さを乗り越えてまで今の仕事をするだけの理由があるならば別ですが、そうじゃないから転職を繰り返しています。

こういう場合、仕事に何を求めるかを明確にします。

ただし、誰もが仕事に何かを求めているわけではありません。

「仕事をする理由」を明確にするところから再スタート

なぜ仕事をする必要があるのかは何となく考えていると思います。

でも、本気モードで再度考えていきます。

仕事をする理由はいくつもあると思います。

生活のためであるとか、お金のためであるとか様々です。

どれも大事に見えますが、考えついたものを整理し、一番大事な理由を一つに絞ります。

それに合った仕事を探すようにすることで、新たな環境に合わせやすくなります。

自分にとって何が大切なのか、自分はどうしたいのか、それが明確になると何が必要なのかも分かってきます。

自分の事が分かってくると、仕事への向き合い方も変わってきます。