東京新宿で占いメール鑑定を中心に九星気学・方位学を使い方位鑑定をしています。凶方位がよく分からないから怖いだけ。しっかりと理解し運気をコントロールしていけば、怖さは半減し人生が変わります。

九星気学・吉方位・凶方位

仕事

仕事を続けられない、ころころと仕事を変えてしまうときに必要なこと

投稿日:



年齢が上になればなるほど、新しい仕事や環境は大変です。

たとえ転職でステージアップが可能であったとしても、そこにはすでに先住民がいるわけで(笑)、新参者は異物になります。

ステージアップでは無く、今の仕事が嫌で転職をした場合はなおさら馴染むのが大変です。

この時にいくつかの傾向に分かれます。

転職の目的がはっきりしている場合は、新しい環境に対するストレスも耐えやすいです。

何かをやりたいとか、何かを学びたいとか、そういった目的がそこにある場合です。



今の仕事が嫌で転職をする場合は状況が違う

この「嫌」というのにはいろいろとあります。

仕事が面白くないというところから、人間関係が辛い、給料が安くてやっていけないなど様々です。

この「仕事に求めていることが明確で無い」場合、合わない環境で仕事をする時は、継続するだけの気持ちを維持しにくいです。

ながく仕事を探していて、ようやく仕事が見つかったという場合でも、やはり同じです。

ここで大事な事は、転職に目的が無いのはだめだっていう話では無いということです。

生きるために仕事が必要、自分のために仕事が必要

とりあえず仕事をしないといけないと思っていたり、あるいは仕事をするのが好きという人もいて、仕事をする理由はいくらでもあります。

この中で「とりあえず仕事をする」という人が、仕事を継続出来ない傾向にあります。

そして、ころころと変えてしまう。

実は占い的にもこの傾向は結構はっきり出ています。

そして、ついつい仕事を転々としてしまう人は、それを罪悪感として感じていることがありますが、それは不要です。

悪い意味では飽き性、良い意味では刺激が必要

転々としてしまう人は「仕事環境に求める要求が高い」ために、どうしてもストレスが大きいところに居続けられないです。

これが全てではありませんが、新しい仕事の内容よりも、新しい職場がしっくりくるかどうかが大きな要素になります。

ここまで明らかにすることが出来たら、後はひたすら「合う」ところを探す事です。

これはめっちゃ大変で精神的なストレスも半端ないです。

でも、合わないと感じるところにずっと居続けるストレスは、それを上回ります。

しかも、言葉は悪いのですが、時間の浪費が激しいです。

我慢している間に他の仕事を探していく

「理屈上はそうかもしれないけど、簡単じゃない」と思われる人もいます。

「その仕事」「その会社」に居続ける目的があるならば別です。

しかし、「とにかく生きていくため」的な理由の場合、進むも引くも地獄です。

それならば、可能性のある「進む」をオススメします。

「可能性」は人を元気にしてくれるからです。

もちろん、占い的に合う仕事を絞り、自分自身の運気を上げつつ転職活動にトライするというのも有りです。

仕事が続けられないことは問題では無いです。

まずは、続けられる仕事を探し続けることです。

そのためにも「自分は仕事に何を求めているのかな」というところから、まずは始めて見ると良いです。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」
「転機の年、占いが教えてくれる運勢・運気・運命の変わり目のまとめ」





ココナラ電話鑑定3000円クーポンが使える初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ

-仕事

Copyright© 九星気学・吉方位・凶方位 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.