今を良くしようとすることで幸運を呼ぶ

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

占いは「今必要なやるべき事(未来をより良い状態にするために必要な事)」を教えてくれます。

私が占いをする中で最も重視するのは「結局、今は何をやらないと行けないの?」「何をやらない方が良いの?」ということを明らかにすることです。

だから、私に相談される方は「どうしたら良い?」という方ばかりです。

開運するのも、願いを叶えるのも、チャンスをつかむのも、「そのためにどうすれば良いか?」「どうすれば少しでも可能性を上げられるか?」に特化しています。

いろいろな占いがあると思うのですが、「結局、自分はどうしたら良いの?」っていう感じになる占いは残念です。

吉方位旅行とか良いですよって私は言いますが、吉方位旅行を通して運気上げることが目的ではありません。(参考:「吉方位旅行の効果は絶大?影響が出るタイミング」

それはあくまで過程であって、自分が願っている状況に少しでも近づける、その可能性を上げるために「良い」と言っているだけです。

他に可能性があったり、他に優先順位が高いモノがある場合は、そちらが先になります。

人によっては吉方位旅行じゃ無いこともあります

運気アップよりもまずは自分自身と真正面から向き合うことが必要な人も多いです。

家相がどうのこうのとお話しする場合もありますが、それは自分で出来る「良い状態」を作っているだけです。

「出来る事は全部やる」

ただそれだけです。

やれることは全部やって、漸く他の人と同列ぐらいです。

他の人と同列という意味は、願いが叶う、チャンスをつかめる、そんな人のお話です。

「あの人は大したことは何もしてないのに?」と感じるだけですでに遅れをとっています。

人と比べて自分の方が優位と思ったときには、すでに右肩下がりになり始めてます

よそ見をしている暇があるなら、もっと出来る事は無いだろうかと模索する方が先です。

運気アップなどは、やるべき事を最優先にした後で「やったら良いかな」ぐらいのものです。

私の占いの場合、運気アップの話が出てきても最後の方です。

それよりもやるべき事がたくさん出てきます。

やるべき事が占いの中でたくさん出てくるということは、見ないようにしていたってことです。

現状を整理していけば、思い当たることが出てきます

必要な事を整理し、そこからスタートしていきます。

並行して運気も上げていく、自分自身を良い状態にしていくことがポイントになります。

運気を上げれば何かが変わるかもしれませんが、変わる状態にまで自分を持って行かないと変わらないです。

変わらないときには「なぜ?」ではなく、「何が足りないの?」という視点で占いの結果を受け止めていきます。

足りない部分をはっきりさせて、そこを埋めていく。

運を開いてチャンスをつかむための王道です。

そのためにも「今必要な事を知る」というのはとても大切なので、何をしていけば良いかが分かるだけで人生は随分と楽になっていきます。