今の自分の運気・運勢が簡単に分かるコツ

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

何をしていてもしんどい世の中です。

しんどいので、自分がやっていることが本当にこれで大丈夫なんだろうかって不安になることもあると思います。

そのしんどさが成長過程の「良いしんどさ」なのか、流されて運気が下がっている下り坂の「微妙なしんどさ」なのか、見分けられると便利です。

これはとても簡単で、目の前の全ての事に対して良い点が目につくなら成長中の上り坂、悪い点・ネガティブな点が目につくなら下り坂です。

あなたの意識がどこに向いているかで傾向がはっきり分かれます。

同じしんどさなら調子を上げる方が良い

しんどいけれど、何とか自分を盛り上げている人は、自然と周りの良さも自分の良さも目につきます。

今回は上手くいかなかったけど良い経験になったなとか、あの人にはいつも助けられているなとか、いまこうしていられるのも周りのお陰だとかです。

同じようにがんばっているのに下り坂にある人は、あの人のせいでうまくいかなかったとか、いつも自分ばかり損をしているとか、自分がいないと周りがまわらないとか感じます。

しんどさは同じなのに、向かっている方向は真逆です。

上り坂にある人を占うとスムーズに話が進みます。

ちゃんと必要なポイントに気がつくからです。

下り坂にある人を占うと「でも、だって」という返事が増え、良いところしか耳に入らないです。

現状に気がつくこと(理解)が出来れば修正出来る

占いを受けるということは、そこに何かを望んでいるはずなのですが、現実が見えなくなっている状態です。

下り坂にある事に気がつき、流れを変える気になったら下り坂から上り坂に切り替わります。

でも、意識の持ち方を変え、やることも変わる事から怖いです。

自分で切り替えるのは難しいので、本当は「しんどくなる前」に自分に良い状態を自分で確認すると良いです。

こういう時、占いは便利です。

占いは基本的に「その人の理想の生き方」を教えてくれます。

理想の人生と現実をすり合わせて微調整するのが占い

私の占いは「この世で幸せに生きる理想の姿」を占うものです。

もちろん、運気や運勢の流れもみます。

ただ、基本的に自分側(自分中心)を基準とすることを重視します。

これに加えて自分の身の回りの時間の流れや環境も含めて占っていきます。

自分と自分以外の要素を組み込むことで、今まで以上に何を求めて・どの選択をしていったら良いか、どういうタイミングで自分を動かし、どの波に乗ったらよいかが分かりやすくなります。

こういう占いもあると知っておくと便利です。

私の鑑定の感想でちょいちょい出てくるのが「手相についての話がなかった」というものです。

ちゃんと手相も鑑定に入っていますが、手相だけでお伝えしていないだけです。

それはちゃんと事前にお伝えしてるのですけど。

何か一つの占術をとりあげて占うやり方は一般的です。

占って欲しいのか答えが欲しいのかで選ぶ占い師さんが変わります

「手相占い」「西洋占星術占い」「タロット占い」を受けたい場合はそれも良いかなって思います。

でも、私が望むのは「占い」ではなく、「出口」であったり、「答え」であったりです。

その手段として必要に応じて必要な占いを組み合わせているため、何か一つの占いで成り立っているわけではないです。

こういう情報を明確に出すのも、占い師によって出してくる答えが違うからです。

「占い」をして欲しい人が私のところに来ると満足出来ません。

出口や答えを望む人には必要な答えが明示されます。

自分が上り坂か下り坂かを知るには、まずは自分の状況に気が付くことは重要です。

この段階は占いでなくても、自分で整理できます。

そこから先どうしたいかは、結局、その人に掛かっています。

自分で考えても良いですし、占い師さんに相談されるのも良いと思います。

一緒に読んでみてください:「運気が切り替わる時・運命の変わり目・運勢の節目に起こること」