今のままで良い?どうしたら良い?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

人はその選択の結果と現実の二つが結びついて未来を作って行ってます。

もちろん、他にもいろいろな要素がありますが、占いをする時は何を想い、望み、選び、行い、受け入れているかによって運命が変化していきます。

もともと運命は一つでは無いです。

様々な運命をその都度その都度選んでいる感じです。

私が引越しの鑑定を重視するのは、引越しは運命の転換期であることが多いからです。

これも人によります。

引越しが多い人はその理由によっては運命の転換というよりも、日常の延長の場合もあります。

引っ越しが少ない人は引っ越しが人生に影響を与える

自分で変える選択をしているのか、家族によって変えさせられる選択するのかは分かりませんが、節目という意味では同じです。

引越しは人生に与える影響が大きいからこそ占いでも大きく役立ってくれます。

もちろん、過去の引越しでも同様です。

過去の選択がどのように今に影響を与えているかが分かれば、これから先の事も想定することが出来るのが占いの良いところです。

人生に影響を与える引っ越し以外の目印

その一つとして目の前の環境の変化やいろいろと出来事が起きる場合です。

占いと現実が近い人は、占いの時の流れと実際も類似した感じになります。

変化が起きる時期には変化が起き、問題が起きそうなときには問題が起きる、チャンスが巡るときはチャンスが巡るという感じです。

起きる出来事をあまり気にしすぎるのもだめなのですが、現状でいろいろと抱えすぎている場合には手助けになってくれます。

目の前の事で判断しないことも大事

今起きている事が良いことであっても悪いことであっても、それだけを見てしまうと自分に都合の良いように見てしまう可能性が出てきます。

それが悪い分けでは無く、ほとんどの場合、それが普通です。

でも、何か引っかかるとき、何かが気に掛かるときは占いで裏付けをとります。

その結果、やっぱり大丈夫ということもあれば、少しおかしな流れになっていることに気がつくこともあります。

今起きている出来事がどんな時期に起きているのかが分かると、状況が明確になってきます。

今の自分の状況を知ったからと言って何かを諦めたり、何かを決めなければならないということではありません。

それよりも今の自分の状況を知っておくということです。

知らなければ何も出来ませんが、知った上でならば判断のしようもあるからです。