人生を変えたいときに必要なこと

子育て・人生占い

選択肢がたくさんある事で運命がぶれる

時代は日本人に追い風になっていると思います。
今は選択肢がたくさんあります。
たくさんあって「どれでもお好きにどうぞ」みたいになるから、「一番良いものを選ばないと損」みたいになります。
その結果、「こんなのじゃない・・・」のように辛くなります。
「なんでも選べる」「その気になることでその道に行くことが出来る」時代だからこそ、何も選択できない時代になっています。
そのお陰でどうして良いか分からなくなります。
更に「欲」が絡むと複雑になって動きが止まります。

抱え込むのでは無く捨てていく

結果的に時間ばかりが過ぎていき焦ります。
やらなければいけないことが増えていって、過ぎていく時間は速いです。
毎日、何かに追われている状態です。
そして、ふと「このままじゃだめだ!ちゃんとしなきゃ!」と思ってさらに抱え込みます。

こういう人を占うとき、まずは優先順位を明らかにします。

「今ある迷いの中で全部を失くしても残したいものは何ですか?」とお聞きして、はっきりさせていきます。
これが心の断捨離です。

1つしか持てない現実に気がつく


実は「心」は体と同じように両手しかありません。
持てるモノは二つだけです。
ほかに何か持ちたいときは、何かを手放す必要があります。

これが分からないから手放せない=動けない=決められないという状況になります

最初から2つしか持てないのです。
その二つのうち、一つは実はすでに埋まっています。
それは「自分自身の生活(人生)」だからです。
選ぶことが出来るのは、突き詰めていくと最初から1つだけなんです。
これが分かると、仕事の時期には仕事を手に持ち、結婚を望むときには結婚を手に持ち、子供を望むときには子供を手に持つ、ということが理解出来るようになります。

今何が必要かを知る

もちろん、常に仕事はしていますし、子育てはしていますし、結婚相手を探しています

でも、「1つだけ」が明確かどうかで人生は変わります。
仕事が重要な時には結婚は自然と後回しになりますし、子作りも同様です。
子作りが重要な時は自然と仕事が後回しになります。
どっちも重要なんていうのは無理なんです。
1つしか持てないのですから。
だからこそ、今の自分は何を望むのか、何が一番なのかを決める事で人生が決まります。

それは「自分がどうするかを決めるだけ」というシンプルなものです。

何が大切かが分かれば運命が決まる

1つしか持てないなら、あなたは何を持つかで人生が変わります。
占い師は、その一つを選ぶお手伝いをしつつ、その他を選ばないお手伝いをします。
だから、占いを受けると人生が変わりやすいと言われるわけです。
持つものを決めると、それに専念するだけなので、人生が随分と楽になります。
そのために占いを活用するという方法もある、そういうお話です。
一緒に読んでみてください:「物が壊れるのは運が良い?それとも不運のシグナル?」