九星気学で引っ越しの方位鑑定を受ける時のポイント

九星気学占いと方位

九星気学などで引っ越しの方位鑑定を受ける時には、現実とのすり合わせが大事です。

通常、引っ越しの方位を鑑定して貰うときは、占い師から「占いの結果」を聞きます(当たり前)。
この方位が良くて、この時期が良い、この方位が悪くて、この時期が悪い、という感じです。
すでに引っ越し先が決まっているような場合、引っ越し時期が決まっているような場合は、九星気学で鑑定するとどうなのか?という結果を聞くことになります。
その後に出てくることは、それが良い悪いという話になります。
しかし、これは少しおかしいやり方なので、占い師の内田さんはここに一手間入れています。
「方位の状況と現実とのすり合わせ」を行います。

占いでありがちなのが当事者不在の鑑定結果です

占いではこうでてるから、こうなる可能性が高い、という発言です。
占い師側からすると正論になります。
様々な鑑定を行ってきてその経験の結果から導き出しているためです。
では何がおかしいかというと、占いと現実が常に一致するわけでは無い点です。
実際のところ、占いで分かるのは「その人の大まかな動き」だろうと私は思っています。
全体の大きな動きの中で、今がどういう状況なのかは見えてきますが、個別の小さな事については「占い師側だけの論理」ではズレが出てきます。
このため必要になってくるのが「その人の今はどうなのか、これまではどうだったのか、これからは何が想定されるのか」というその人情報です。

占いの結果と現実とをすり合わせしていくと、今回の鑑定結果がどの程度影響するのか可能性も見えてきます

これは吉方位であろうと凶方位であろうと同様です。
更に方位鑑定以外の部分も大事になります。
今、やろうとしている引っ越しの目的が自分の運命に合っているのかどうかです。
引っ越しは大抵の場合は大きな節目になっています。
数年単位で引っ越しをするような人であっても、「引っ越す」となればそこに何かの判断があります。
その判断がその人にとってどうなのか、良いのか悪いのか、そういうことが気になる人にとって役立つのが占いです。

つまり、占い師側が提示する結果だけでは不十分ということです

こういう場合どうするかというと、すでに鑑定を受けている場合などは結果と自分の現実を照らし合わせるようにします。
一致しているのかどうか、一致しているならどの程度思い当たるのかです。
一致していないなら、その占いを目安にする必要はありません。
人それぞれ合う占い、合わない占いというのもあるからです。
方位鑑定に限りませんが、九星気学で方位鑑定を受ける場合は「現実とのすり合わせ」が鑑定の中でポイントになるというのが目安です。
そうじゃないと、一番良い方法、一番強い影響力を持つ方位、というような何かおかしな方に話が進んでしまいます。
もし「一番」を求めるなら、「自分に一番合った方法」がベストということになります。