一生懸命な人が開運したいとき

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

まじめな人は運を良くしても開運しにくいときがあります。

まじめな人はルールを守ります。
がんばりますし、適当なことが出来ません。

それが開運から遠ざかっている理由の一つになることがあります。
開運するというのは、自分の望んでいる状態に「生まれ変わる」状態です。

今のままの状態では、生まれ変わることは出来ないです。
まじめな人は時間が経てば経つほどストレスが大きくなることがあります。

周りの人からは「もっと気楽に」「もっと適当に」って言われます。

それが出来ないのは「こわくてどうして良いか分からない」からです

まじめであることが一番良いと思い込んでしまって、自分で自分をがんじがらめにしている状態です。
話が通じない、話を聞かないので、周りからどんどん人も離れていくというデメリットもついてきます。

まじめ=信頼される、ということではありません。
もちろん、まじめが悪いということではありません。

まじめは大きな長所です。
ところが、柔軟性の無いまじめは自分も他人も辛くします。

しかも、まじめな人は自分で気がついています

どうしたら良いか分からないだけです。
一番簡単な方法は時間の概念が無いところに行ってしまうと良いです。

偏見かもしれませんが沖縄に住んでみるのも良いと思います。
まじめな人は東京が楽です。

東京は分単位で物事が動くからです。
時間の概念がないところは、確かなモノがなく「だいたいこんな感じ」という世界です。

慣れてしまえばものすごく自由です

自由にならざるおえないだけですが(笑)。
まじめな人じゃなく、ちゃらんぽらんな人はこの逆をやれば良いです。

そうすることでこれまでの人生に衝撃が走ります。
「これぐらいは大丈夫なんだな」「これ以上はだめなんだな」ということを身をもって知ることで、生き方が変わります。

私に相談される方の多くは「こうしなければならないのでは?」という思考に固まっている人がいます。

それをぶち破るのが私の仕事です

「やって大丈夫だから」って感じです。
その人の人生に私は責任を持つことは出来ません。

責任は持てないので状況説明をします。
その人が望んでいること、望んでいる状態、現状、未来、それらをつなぎ合わせて鑑定をするのが私の仕事です。

その上で「やってみると良いよ」って伝えます。

まじめな人が動けないときは一人だと怖いからです

筋道を立てて背中を押してくれる人が出てくると、動き始めることが出来ます。
まじめな人が生まれ変わると、元はまじめなのでどんどん変わっていけます。

そしてまた、どこかで頭打ちになるのですが、そういうときはまた思考が固まってしまって動けなくなってます。
そこを意識的に緩くして生まれ変わっていくわけです。

まじめな人は定期的(大体3~5年)に頭打ちになるので、そのたびに打ち抜いていくと良いです。
まじめな人の「どうしてうまくいかないのだろう」は、自分で自分をがんじがらめにしているからです。

それを取り払えば、次のステージが見えてきます。