タイミングが合っていないときはどうすれば良い?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

願っている事、やりたい事があるときに自分に運を引き寄せるために必要なことがあります。

何かをやろうと思う、あるいは望んでいるときに、それが自分に合っているかどうか、今が時期なのかを知ろうとするときに役に立つのが「タイミングを見る」です。
要はタイミングが良ければさくっと話が進むよねってこと。(悪い流れに乗っているときもタイミング良く話が進むので注意が必要)

ここで運が良いとか悪いとかって思ってたって動きが止まるので、この段階でそれは止めた方が良いです。
大事な事は「それは自分にとってどうなの?」ですよね。

そこで必要になるのが、まずは思っていることに関わる事です。
分かりやすい例を挙げますと「好きって言っちゃう」みたいな(笑)、あるいは「それをやりたいです!」って言うとか、アプローチの仕方はなんでも良いので「手を挙げる」ことです。

手を挙げると結果の良い悪いは別にして、やったことに対する目に見えた反応があります

この時にうまく行かなかったら、タイミングが合っていないんだなって、自分には合っていないのかもって思うかも知れませんが、それは気が早すぎます。
自分という流れがあって、周りにもそれぞれ流れがあります。

流れが一致するというのがタイミングが良いということですが、後でタイミング良くなる(流れが合う)こともあれば、そうじゃないこともあります。
ポイントになるのは、自分と周りの流れのズレがどの程度かを知ることです。

そのためにとにかくまずは手を挙げるわけです。
タイミングが良ければそれで良いですし、タイミングが悪くて「今はちょっと」という感じになるなら、また時期をあらためます。

この時にも大切なのが、時期はあらためるけれど諦めない

諦めたら終わっちゃいます。
この段階ではまだ諦めるのは早くて、いろいろと試す時期です。

せっせとアピールしつつも、自分は自分のことをやる時期に入っていきます。
これがタイミングを意識して、自分の流れと相手の流れを合わせる作業になります。

この作業は人によって年単位(想いの強さによる)になることもあれば、大して時間が掛からないこともあります。
この作業の中で「あ、これは無理だな」って感じた場合は、それはやっぱり無理な話。

逆に、「うん、これはこれで良い」と感じられると、チャンスが舞い込んできます。

無理なものを何とかするっていう考え方もありますが、それは叶っても破綻が早いです

タイミングを合わせる作業って自分に合っているのかどうかを確認する作業でもあります。
自分が良いと想っていたとしても、本当はダメなことってあります。

それをチェックする過程が、この作業です。
タイミングが合ってないと感じたら、自分に合っているかどうかを確認することは必要だよねってことです。

合っていると確認出来たら、タイミングを合わせる作業も苦痛にならないです。
こういう人がタイミングを合わせようとこつこつやっていれば、その内「カチ!」ってはまるときが来るので大丈夫。

タイミングを合わせる作業が苦痛になっているときは、それは自分に合っていないということです

「タイミングが合わないな~」って言うのは、悪いというよりも「お互いの波長のズレ」から来ているだけなのか、それとも「本当はお互いは合わない」のかを確認する目安になるっていうお話です。
これをはっきりさせるために、出来るだけ早く手を挙げる、ということが必要になります。

手を挙げた後は、対象との距離を近くにするわけですが、その作業が楽しいかどうか(自分に合っているかどうか)です。
楽しくないなら挙げた手をおろして、次に行った方が良いです。

タイミングは「やりたいこと・望んでいることへの自分への一致度を見る」ということに対して、丁度良いバロメーターです。
タイミングが合っているよりも、タイミングが合っていない方がより自分との一致度が分かって便利です。