スムーズに物事が決まったのに何かおかしいとき

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

トントン拍子に物事が決まればすべてOKっていうのは危うい状態にあるかもしれません。

「スムーズに話が進むのは良い流れの証拠?」というのは聞かれます。

状況によっては違うので、気をつけたいです。

逆に結婚や仕事がなかなか決まらない、物事がスムーズに進まない場合は悪い流れ?となるわけでもないです。

トントン拍子だから良い、スムーズじゃ無いから悪いと考えやすいですが、気になる事がある場合は一旦立ち止まった方が良いです。

トントン拍子・スムーズに物事が進む時に気になったこと

本来、物事が上手くいっているときに占い師に相談されるケースは少ないです。

実際、うまくいっているときは占いを使う必要もないです。

物事がスムーズに進んでいるときに大事なことは「この流れで自分にとってマイナス点がどこにあるか?」という視点です。

不思議なことがあります。

ととと~んと話が進んでいるのに、急に不安になることがあります。

そこで立ち止まって「大丈夫だろうか」と調べてみると、「あれ?」ってことが起きる。

うまくいっているはずなのに、虫の知らせが出てくる瞬間

この虫の知らせは良い悪いというよりも、ここで一旦立ち止まったほうが良い、そんな意味合いが強いです。

気になって相談してみたら、盲点があったり、気がつけていなかったりするケースがあります。

ただし、占いの結果が厳しいだけならどうでも良いです。

私が重視するのは、占いを通して現実を整理することです。

占いで出てきた結果を現実に照らし合わせてみたら「失念していた」ということもあります。

気にはなっていたけど見ないようにしていた、気にしないようにしていたことが、とんとん拍子の裏に隠れている感じです。

物事が上手くいかなくてどうすれば良い?にヒントがある

なんだか分からないけれどなかなか前に物事が進んでいかない、これはダメなのではないか?ということもあります。

スムーズに進んでいるときの反対です。

スムーズに進んでいかないときは、やろうとしていることの困難さが目に見えている場合があります。

あるいは時期ではない。

やろうとしていることが「悪い」というよりは、そのことに対する難易度があらわされている感じです。

ダメな流れにあるからうまくいかないこともある

上手くいかなくても、スムーズに進まないからといってあきらめる必要はなく「自分にとって難しいことをやろうとしているんだな」という認識でよいです。

恋愛でも仕事でも同じです。

スムーズでもスムーズでなくとも、占いの役割は「現状を教えてくれる」です。

スムーズな時は、この流れでよいのかどうかの再確認ができます。

スムーズでないときは、どこに問題があるのか、本当にこれで良いのかどうかの確認が出来ます。

スムーズな時は用心深く、上手くいかないときは改良・改善

今の状態が良いのかどうかを確認しながら進んでいくと、スムーズでもそうじゃ無くても大きくこけることが少なくなります。

やるときはやる!で良いですが、自分にとって良い調子を確保しておくことでトータルで幸せな状態を再現する。

そういうやり方もあります。

スムーズに進んでいるから何でもOKっていうのはありませんし、上手くいかなくてもダメというわけでは無いです。

それを知っているだけでも冷静になれます。