どうして運が悪くなるの?

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

占いを受けるということは、変化を引き起こすきっかけをつかむということです。

変化には幸運も不運も紛れ込んでいます。
大抵は、最初の内に不運が舞い込んできて、だんだん幸運に切り替わっていきます。

分かりやすくお伝えしているだけで、本当は幸運も不運も紙一重です。
でも、分かりにくくなるので最初に不運、そして幸運が来るという話にしています。

さて本題ですが、「変化」は良くも悪くも何かを引き起こします。
この変化を良い方に持って行くか、悪い方に持って行くかが本人の持っている運とも言えますし、ここに占いを活用するという手もあります。

変化を起こすこと自体はご本人にしか出来ませんし、運を呼び込むのもご本人次第です

自分が望まなくても外からくる変化の力もあります。
それであっても、その変化を受け止めるか拒否するかで運の行方は大きく変わります。

避けたい状態は、心情的には拒否しているのに実際には受け入れているような状態は、いろいろなところに無理がかかり後で後悔しやすいです。

私がよくお勧めしているのは、自分から変化を起こす場合もそうですが、変化を求められるような場合は、まずは受け入れてみてくださいって話をしています。

その変化(きっかけ)がどのような影響を持つかは受け入れてみないと分からないからです

ただ、大事な一つの目安があって、変化に対して否定が多くなると、嫌な現状・望まない状態になっていることが多いです。
あれは無理、これはこれが理由で出来ないなど、一つずつの否定にはちゃんと理由がついています。

それがすべて自分の運を下げていきます。
「だって、~だから」と正論は山ほど付いてきます。

その結果「いま」があります。
ここに気が付くことができれば、この逆のパターンをやれば済むだけです。

ただ、なかなか一人で変化していくのが難しいため、私が一緒になって考えていくことも多いです。
運をよくしたい、運気を上げたいっていう人はたくさんいるのですが、「自分を変えずによくしたい」という人が意外にいます。

それって無理なの

今の状態になっているのは、意識するしない別にして、自分が変化をしてきた結果なんですよね。
だから、「感覚」とか「直観」っていうのはやばいです。

その時の状況で判断してしまって、気が付いたら随分と難しい状況になっていることもあります。
でも、どうにもならないっていうわけではありません。

ここに至るまでの過程があるなら、違う過程を踏んでいけば良いだけです。
それが運を味方にすることにつながりますし、運気が上がることにもつながります。

「違う過程」とは「変化を受け入れていく」ということです

その変化が良いか悪いかと考えるのは受け入れてからにすること。
良い変化か悪い変化かなんてやってみないと分からない事の方が多いのですから、なおさらです。

自分で近寄ってきている運を突き放していることがあります。
変化を自分から起こしても、変化を求められても、そこには何かの運が隠れています。

現状を変えたいときは、まずは変化の波に乗ってしまうことです。
そうすれば、自然と新しいめぐりあわせ(運)に出会うようになっていきます。