うまくいかなかったら運が近くにある証拠

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

気になる人、好きになりかけている人、気になること、気になっている事があるなら、まずは「踏み出す」ことで運がどの辺にあるのかを実感する。

何が良くて何が悪いのか、そんなの分かりません。
人それぞれで、他人がどうのこうの言うものでないからです。

ただし、「何かを求めている」時は少し違います。
それが結婚だったり、仕事だったり、あるいは他にもたくさん、望んでいる人の分だけあります。

相談をされるときは、望んでいる状況にならないときに「どうすれば良いの?」ということで相談されます。
私がここで「やっていないことがあるなら、まずはそれから」って言います。

気になる人がいるなら、その人に「気になってます」って話をするところから始めて貰います。
やりたいこと、気になることがある人についても同様で「何から始めていますか?(または、何から始められますか?)」というところから聞きます。

多くのケースでは、伝えてないし、具体的な行動はしていないです(行動した気になっている事は多い)

本当に多いケースです。
こういう状態なのに「どうすれば良いの?」という相談になるということは、「どうして良いか分かっているけれど、正しい選択を教えて欲しい」ということなのだと思います。

正しい選択は「出来るところから始める」です。
もちろん、出来るところから始めても、大抵はうまくいかないです。

素っ気なくされたり、やってみたら思った以上に面倒だったり、そんなことばかりです。

でも、ここに幸運が待ち構えています

うまくいかないということは、何かが足りないのか、そもそも方向性が違うのか、時期尚早なのか(相手に恋人がいたり、仕事の空きが無かったり)、何か原因がひそんでいることがあります。
必要なことは「うまくいかなかったら、やり方を変える、別のことをまずはやる」ということです。

気になっている人がいても良い反応がないときには、さっさと違う気になる人を作ったり。
やりたいと思っていた事を実際に少しかじってみたら、意外に面倒で続けたくないという場合、やってみた中で関心が持てたことを再度整理したり。

ポイントは「自分の想いに固執しない」です。
運をつかむために必要なことは、自分に合う合わないをどれだけ早く知ることが出来るかと言うことと、「それでも私は望んでいる」ということをどれだけ早く実感出来るかです。

こういうことは、やらないと分からないです

そんなことは相談をする人も分かっています。
それでも出来ないのは、一人だと不安すぎるからです。

うまくいかなかったことを想像したり、間違いたくないと思ったりします。
占いは、うまくいかないものをうまくいかせることは出来ないです。

でも、何から取りかかったら良いかはハッキリさせることが出来ますし、うまくいかなかった先にあるチャンスも見つけやすくしてくれます。
これらは占いじゃ無くても出来ることです。

しかし、占いがあると、くよくよ悩まなくてもハッキリさせられます。
うまくいかないな~という時は、外から自分を見て貰うと良いです。

そうすると、次にどうしたら良いか見えてきます。