うまくいかないときは適性から離れているのかも

子育て・人生占い

「あんな風になりたいな~」というあこがれを持ったとき、不幸になる人と幸せになる人がいます。
今回はこれがテーマです。
あこがれを持つ事は素敵ですし、開運にも繋がります。
でも、問題になることもあります。
それが「あんな風になりたいな~」という想いから、「こうしなければいけない」という義務感になったときです。
あこがれている状態ですから、自分の中ではまだたどり着いていないです。

この時に頑張ると効果的な人と頑張らない方が良い人がいます。

頑張ることが辛いことがシグナル

頑張ると効果的な人は「適正がある」人です。
こういう人は「こうしなければならない」という義務感は出てきません。
努力をすれば少しずつでもその領域にたどり着ける、自分を引き上げてもらえるチャンスにも巡り会いやすくなる、関わっていることが楽しい状態なので幸せです。
一方で「あんな風になりたいのになれない」と感じてしまう人は適正が低いです。
ゼロでは無いかもしれませんが、がんばる方向性が違うため、がんばればがんばるほど苦しくなります。
苦しくなることがシグナルです。
だから「こうしなければいけない」という義務感が出てきます。

私が「苦しくなってるよ」って言わなくたって、自分で気がついてます。

思う通りに生きても良いし、気づきに合わせても良い

占いは人生の一部でしかありませんが、占いの示している適正とずれてしまうと苦しくなっているケースが目に付きます。
苦しくても幸せなら良いのですが、大体幸せじゃ無いです。
幸せよりも辛さの方が先に来ます。
20代30代前半ぐらいまでは望むモノを望む形で手に入れようとする生き方もあります。
でもこの年代以降は「こうなりたい」と思っていても辛いことばかりというときは、そろそろ切り替えても良いときです。

望むモノが本当に良いかどうかをチェックするタイミングが辛い時です。

辛い人生の先には辛さしか無いかもしれない


望むモノが自分に合っている場合は、叶っていてもいなくても関わっていること自体が幸せなので、こんな風に悩まないです。
望むモノを変えるかどうかは別にして、自分の生き方の適正を知っておくと「やっぱりそっちか~」という感じで楽になることがあります。
自分の資質や運命を知っておくことで人生が変わることがあります。
本当は望むモノとあこがれが一致する方が、人生は随分と楽しくなります。
占い師としてはそちらの人生をオススメしたいです。
合わなくてもやりたいと思うことを否定はしません。
ただ、いつか変えたくなったときに方向転換をする可能性を持っていても良いのかなと思います。
これまでの経験が無駄になることはありませんし、より良い形で未来に作用してくれます。
一緒に読んでみてください:「運気が切り替わる時・運命の変わり目・運勢の節目に起こること」