いつも自分ばかり割を食うのは運の良い証拠

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

「いつも自分ばかり割を食う、損な役回りになるんです」という方がいらっしゃいます。

こういう状態の人は、運を自分で悪くしています。

運と人の意識はものすごく密接です。(でも、証拠は無い(笑))

運が良いと思う人は本当に運が良いですし、運が悪い人はやっぱり悪い。

どうしたら良いか分からない、分からなくなってきたからきつくなってます。

このきつくなっている状態で自分の運を下げているのが「自分ばかり」と被害者的な意識が出てきている人です。

これが勿体ないのですが、厄介な意識です。

被害者意識が強い人は自分の思ったとおりじゃ無いと「違う!」と感じやすいです。

本当は良い状態にあるかもしれない?

被害者意識が強くなってしまう人は、どんなに良いことがあっても、自分が思っているとおりじゃ無いと納得しないです。

そして、納得できないものは「それはおかしい」となりやすいです。

きつい状態です。

正直なところ、一人ではどうにもならないです。

自分で自分が分からなくなっているためです。

現状の受け止め方を変えることが大切です

受け止め方を変えると言っても、これまで積み上げてきた受け止め方があるので、一人では変えられないです。

だから、一人ではどうにもならないとお話しました。

こういうときは相談者の話を聞きながら、その人なりに必要な受け止め方を鑑定していきます。

私の占いではこういうケースはかなり多いです。

起きていることの多くは、自分がやってきたことの結果が現実になっています。

それはコントロール出来ないものもありますが、コントロール出来る部分はコントロールした方が良いです。

今が苦しいなら、苦しくしている自分のやり方を変える必要があるからです。(もちろん、そのままで良いなら良いけど、それならわざわざ鑑定の依頼なんてしないです)

普通は「どうしたら良い?どうなる?」

私の場合は、その人の気になっている事を一つずつを整理していくため、当事者はかなり大変です。

占って貰えば何かが変わるかもって思っている程度で相談されている中で、がっちり自分自身と向き合って貰うためです。

でも、何かが必要なんです。

今の自分の状況は「本当に運が悪いのか?」という現実を知ることは大事です。

自分はなんて運が悪いのだろうと思っていた事自体が思い込みなのでは無いか、という見方です。

最初にお伝えしたとおり、運が良いと思っている人は本当に運が良く、運が悪いと思っている人は本当に運が悪いです。

自分は運が悪いと思っている限り状況は変わらないし、ひどくなる一方です。

こういうのを変えるのは大変なんです。

意識が変わると恵まれていることに気がつく

「いつも自分ばかり」という状態は、常に自分にあれこれと集中しているということです。

自分が望んでいるのとは違うかもしれないけれど、自分にいろいろと集まる環境が出来ているということです。

それはもしかすると、自分が望んでいる状態を違う形で現実にしているのかもしれないです。

ここに気がつけたら、自分の運の良さにも気がつけるかもしれないです。

「もし、今の状態が運の良い状態だとしたら、これはどういうことだろう?」と考えてみると良いです。

そこから新しい運が舞い込んできてくれます。