あなたの運命を最適に生きる方法

運勢が悪くなる時と運気アップの方法

本日のお話ですが、運命通りに行きている人とそうでない人についてです。

いや、これはちょっと言葉が変ですね。
人は誰もが自分の選択によって様々な人生を選んでいます。
その結果がどうであれ、今は選んできた流れといえます。

よくご質問されることがあります。
突然の災害も運命ですか?と。
突然の災害も、私は運命だろうと思います。

人は避けられないことに関しては、事前に知ることが出来ないと私は思っています。
逆に避けられることならば必ず何らかの形で予兆がある、とも思っています。

その上での運命だろうと。
悲観的な人は、それならば意味が無いじゃないか・・・とも思われるかもしれません。
しかし、今生きているのは確かですからね。

意味が無いと言って何か良いことがあるとは思えないので、私は鑑定を続けるわけです。
疲れて少し休むというのは必要なことです。
しかし、悲観的になって自暴自棄になるのは、今生きている状態を台無しにすることです。

やはりどこかで自分の足で立つ必要が出てきます。

という、まあ、よく分からないお話で始まりましたが(笑)、じゃあ、どうやってベストの運命を選ぶか、ということです。
以前にもどこかでお話しましたが、運命というのは様々な選択の結果導かれていきます。

たとえば、私のお話で言いましたら、出身は広島ですが、北海道に行く選択をしなければ、もしかしたら今の人生は無いかもしれません。
関西方面にお住まいの方ならなんとなく分かると思いますが、あっちの方から東に行くとすれば、大体東京で止まります。
状況によっては大阪ぐらいで止まるものです。

私自身、最初は東京の大学に行こうとしていましたし。
ところが、結果的には北海道に行く選択をしたわけです。
この時は自分のやりたいことがそこにあったからです。

そして、今に至るまでに、自分のやりたいことに合わせて選択をしてきたと思っています。
まあ、私の場合は便利に出来ていまして、やりたいことが状況によって変化しますので、如何様にでも人生が変わっていきます。
そもそも、今の仕事など10年前は思っても見ませんでした。

しかし、自分の望んだ方向に向かって積極的にアプローチをした結果、今があります。
どの瞬間を切り取っても、「あ~あの時はあれで良かったな・・・」と思います。

つまり、ベストの運命を選ぶ基準の一つは「やりたいことをやる」ということです。
ちなみに、やりたいことがよく分からないという人がいらっしゃいますが、それは「今」を大切にしていません。
他に目移りしすぎている面があります。

ちょっと話を変えますが、私は鑑定以外にネット業もやっています。
これは最初、とても大変でした(鑑定も大変でした(笑))。
なにせやり方が分からなかったのです。

それをあれだこれだといろいろと試しつつ経験を増やし、更に試していく・・・。
その結果、当時とは全く違う形になっています。
しかし、それも最初があるからですし、いろいろと試したりしているからこそです。

これらは基本的に何においても言えます。
家事についても同じです。
気になるところをきっちりと整理していく、そういう中で必要なことも得意なこともわかってきます。
今をきっちりとやっていくということは、現状の理想を作る、求めていくってことなんですね。

当然、求めていけば理想も成長していきますし、流れも変わってくる。
もちろん気づきも多くなります。
そうやって自分の出来ることを「腰を上げて」1つずつ形を整えていくんです。

この作業の中であなたは山ほど選択して行動することになりますが、その選択は正しい。
だって、理想に向かって行動しているのですから、多少の紆余曲折があっても最短といえます。

ところが他所を見てしまうんですね。
そうすると運命が蛇行します。

手相には運命線という線がありますが、一本すぱ!!!!と伸びている人がたまにいます。
こういう人はまさに自分の道を突き進む方です。

こういう人がやりたいことがわかんない~と言っていると、力の持ち腐れになるわけです。
頭が超良いのに庭の草むしりしているようなものです。

頭が良いならばそれを活用してこその頭の良さです。
自分自身の天職や天命に不安を感じる人もいらっしゃいますが、今をしっかり生きる、今できることをきちんとやっていけば、放っておいてもあなたは自分の天命に従って行動するものです。